乳児検診 6ヶ月

乳幼児健診の6ヶ月は、母子健康手帳には検診の項目を記入するページがあるものの、ほとんどの市区町村で検診が行われていません。

その理由は、3~4ヶ月検診後、特に心配な点が無ければそれほど赤ちゃんの成長に大きな変化が訪れない為と、母子健康法で定められた検診は1歳6ヶ月と3歳のものしか定められていないので必要ないっと考える地域がほとんどです。

しかし、6ヶ月になると多くの赤ちゃんがお母さんからもらった免疫が無くなってくる頃で、突発性発疹などの病気にかかる機会が多くなります。

その為、検診が無い地域では有料にはなりますが、検診を病院で受けることができます。

その際に予防接種の状況などの相談などもできる様、予防接種の受ける事のできる病院で検診を受ける事をお勧めします。

予防接種などで外に多く出る事が増えると思いますので、赤ちゃんの健康管理には十分に注意する事が大切です。

乳児検診 1歳

1歳の乳児検診は、産まれてから1年の節目ですので、検診が無料でない地域の方も検診を受ける方が多くいます。

1歳の検診では、身体測定(体重・身長・胸囲・頭囲)の計測と、視診、触診・聴力などの検査があります。

また、運動機能の確認でハイハイの状況や立つことができるか、歩き始めたかなどを問診します。

1歳になると歯も数本生えてきた頃なので歯茎や歯の検診、歯ブラシの仕方などの講習もある所があります。

1歳になるときには、ほとんどの赤ちゃんが1度はなにかの病気で病院を受診したことがあるはずです。

その際、発病した病気の確認などもあるので、風邪でも「どの様な症状だったか」「病名」を発病した日にちと一緒に記入しておくと検診の際、便利です。

検診が無料でない地域の場合にはかかりつけの病院で検診を受ける事をお勧めします。

1歳の赤ちゃんは、他の同年代の赤ちゃんと体格差などが目立ってくる頃ですが、それほど心配する必要はないので自分の赤ちゃんの成長スピードを理解してあげて下さい。

乳児検診 1歳6ヶ月

1歳6ヶ月検診は、どこの市区町村でも受ける事が決まっているので必ず無料券などが配布されるはずです。

検診を実施する場所は、ほとんどの市区町村で、保健所などが指定されます。

他の検診は病院でも受けられますが、1歳6ヶ月検診は、歯科医による歯と歯茎の検診があるので多くの地域で保健所などが指定されるので、検診日や時間の確認が必要です。

1歳6ヶ月の検診で行われる検診内容は1歳の検診時と変わりありませんが、歯科医による検診と歯磨きの指導、言葉の発達状況などを検診するので持ち物が1歳検診の時よりも増える可能性があるので、事前に確認が必要です。

また、ある程度物の認識もできる月齢なので、絵本を使って果物や動物などを指差す内容の検診も行地域があります。

1歳6ヶ月検診でも1歳の時と同様で、他の赤ちゃんと比べたりしてはいけません。

成長度合いは赤ちゃんそれぞれ違うので自分の赤ちゃんの成長を確認する場として利用して下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ