乳児検診について

乳児検診とは、正式には「乳幼児健康調査」っと言われ生後1ヶ月以外の検診で各市区町村から無料券がくばられ乳幼児に対して行われる健康調査の事です。

この健康調査は一般的に、1ヶ月・3~4ヶ月・6~7ヶ月・1歳・1歳6ヶ月・2歳・3歳・4歳っと検診がありますが、地域によってはこの限りでなく多かったり少なかったり様々です。

基本的にこの検診で行われる健康調査は、身体の発育状況・栄養状態・脊柱及び胸郭の異常の有無・四肢運動障害の有無・言語障害の有無・予防接種の実施状況・育児の問題など年齢によって調べる項目が多くなってゆきます。

また、この検診では赤ちゃんの状態だけでなく育児を行う家族や母親・父親の近況なども相談にのってくれるので、育児で悩んでいる家族には助け舟になります。

1ヶ月検診は産後の母親の状態の確認もあり基本的には出産をした病院で行います。

この場合は、地域によっては無料券があるので安心して受診する事ができます。

以降の3~4ヶ月検診などは市区町村から委託された病院や個人医院、保健所などで受ける事ができますが、指定された期間内に受けにいかないと有料になることもある為注意が必要です。

検診の際には、ミルクやおむつ、タオルなどのほかに、母子健康手帳の持参が求められます。

年齢が上がると、口腔内の検査も出てくるので、歯ブラシの持参が必要な検診もあるので事前に持ち物は確認が必要です。

1ヶ月検診

赤ちゃんが生まれ無事退院した元気な赤ちゃんを育てる家庭で初めて病院にかかる機会は1ヶ月検診が多いかもしれません。

1ヶ月検診では体の様子や発育の状態、哺乳量などを調べるもので特に始めての育児の場合、沢山の不安を専門家に相談できる機会です。

1ヶ月検診の内容は以下の通りです。

□身体測定
身長・体重・胸囲・頭囲などを測り母子健康手帳に記載します。

□成長・発育・病変の確認
心臓やおなかの調子・股関節・大泉門などのチェックを医師が行います。

□問診
専門家による育児の不安や疑問に答えてくれる場です。

病院によっては助産師・医師・専門のカウンセラーなどが相談にのってくれますので、気になることはどんどん聞く事をお勧めします。

この他にK2シロップっというビタミンK2を飲みます。

これは、脳の中の毛細血管が切れてしまわないように、飲むビタミンの事で、人間は体でK2を作る事はできず、赤ちゃんの場合食事での摂取ができないので飲みます。

大切なお薬なのできちんと飲ませてあげて下さい。

3~4ヶ月検診

3~4ヶ月検診では1ヶ月検診と同様の検診と、目、耳の動き、きちんと音が聞こえているか、物を目でおうかなどの検査もあります。

他に3ヶ月になると多くの赤ちゃんの首がすわりますのでその検査も行われますが、一般的には首がすわるっと言うだけで、みんながしっかり首がすわるわけでは無いのでまだ首のすわっていない赤ちゃんだからといっても心配する必要はありません。

ミルクを飲む量も1ヶ月検診の時より多くなっている子もいれば、少なくなっている子もいます。

ミルクの量が少なくなっている子の場合、脳の満腹中枢がしっかり機能し始めた証拠で体重がどんどん少なくなったり、ぐったりしている様子が無ければ心配いりません。

他にも動きが活発になることからとんでも無いところまで動いてしまう赤ちゃんもいます。

その様な心配な事は3ヶ月検診でもどんどん質問することをお勧めします。

3ヶ月検診の場合、すでに予防接種が始まっているので、予防接種の受ける順番やスケジュールなども保健所の方に相談する事ができます。

また、3ヶ月検診でも赤ちゃんを育てる環境や両親・親族の悩みも聞いてくれるのでいろいろ相談すると良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ