足首の捻挫とは

足首の捻挫は日常生活の中やスポーツを行っている時など様々な場面で起こります。

足首には骨と骨をつないでいる関節っと言うものがあり、関節は体の中に68箇所もあるんです。

関節のおかげで決まった方向に動作ができ日常生活をおくる事ができています。

捻挫は、その関節をねじってしまう事を言い靭帯の損傷も捻挫っと言う場合があります。

捻挫すると、ねじれてしまった患部が、「腫れる」「圧痛」「赤くなる」などの症状が出る事があって、紫斑を伴う捻挫の症状が出る事もあります。

特に多い症状は、歩きにくいや動かすと痛みがあるなど、関節を使う動作をすると痛みが出る症状が出ます。

若いうちの捻挫のほとんどが数日中に治ってしまう事が多いようですが、高齢者や激しくねじってしまった場合には数週間も痛みが残ることもあります。

が、数日たっても腫れが一向にひかず、痛みも激しい場合には捻挫ではなく骨折を疑われるので決して自己判断をせず、病院や接骨医院などで診察を受ける事をお勧めします。

捻挫の処置・治療。

捻挫をしてしまったときの処置は意外と知られていないのでここでご紹介します。

①患部に負担をかけないように安静にする

②冷却をして痛みや腫れをとる

③包帯やテーピングなどで患部をきつくない程度に圧迫して患部が動かないようにする

④患部を心臓より高い位置に上げる。

の「RICE法」っと言われるものが最も適切な処置の方法で、早い処置を行えばそれだけ早く回復します。

この方法を試して数日たっても痛みがひかない場合には別の原因が考えられる為、早めに接骨医院や整形外科などを受診して下さい。

またテーピングを行っている間には、足の筋肉がなくなってしまわない様にリハビリを行う事をお勧めしています。

リハビリの内容は、捻挫の度合いにもよるので個人の判断だけで絶対に行わない様にして下さい。

リハビリは、捻挫をした後だけでなく毎日行い筋肉を強化して捻挫を繰り返し起こさない予防が大切です。

リハビリ内容は、無理をしない程度にタオルを足の指でつかむなどの方法がとても簡単です。

捻挫が完治した後は、リハビリで捻挫をしにくい体作りをしましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ