坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、坐骨神経がなんらかの理由で圧迫されてしまう事によって生じる「神経痛」の総称して「坐骨神経痛」っと言うもので、坐骨神経痛は病名ではないんです。

坐骨神経痛の原因は様々で妊娠中に、臀部からふくらはぎが痛くなる場合お腹が大きくなるにつれて腰に大きな負担がかかる為坐骨神経の痛みをうったえる妊婦さんがいます。

また、高齢者であれば年齢が大きな原因で神経の通り道が年齢とともに狭くなり神経が圧迫されて痛みが出る事があります。

この多くの病名が腰部脊柱管狭窄症と呼ばれています。

他には、椎間板ヘルニア、そして梨状筋症候群も坐骨神経痛の原因になっていて若年層でも坐骨神経の痛みをうったえこの様な病名で治療している人も多くいます。

腫瘍などの稀な原因でも坐骨神経が痛む事がありますが、腫瘍が原因の場合には激しい腰痛が特徴で腰痛もなかなか治りにくいと言われています。

更に、心理的な事が原因でも坐骨神経痛が出る事があり、不安やストレスなどが大きな原因になることもあります。

坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療方法は、原因に関わることなく症状の緩和を行う対症治療を主体でやっている病院もあります、発祥から48時間と急性期の場合には案外簡単に腰痛が治る場合もあります。

対症治療で最も大切なのが、日常生活の指導で、長時間の座位姿勢を避けたり、コルセットで痛みを緩和したりします。

しかし、ヘルニアの場合には、安静を指示される事もある為、医師の指示に従って下さい。

薬物治療で非ステロイド性の鎮痛剤を使用する場合もあります。

鎮痛剤で痛みを緩和することでストレスの軽減ができますが、根本的な治療ではないので多くの方が薬が切れると痛みがぶり返すようです。

また、接骨医院などでマッサージを受けると痛みが和らぐ方もいる様で、自分の症状と原因を十分理解し、治療方法を考えなければならないので専門医などに相談する事をお勧めします。

坐骨神経痛にならない為には

坐骨神経痛は、そのほとんどが事前に予防すれば坐骨神経痛にならない事が分かっています。

常日ごろ気を付ける事は、ずっと同じ姿勢でいない事や、急に重いものを持たない、また体重の増加も神経を圧迫する原因になるので、食事管理・体重管理も大切です。

また、ウォーキングやストレッチで腰に筋肉をつけ、柔軟にしておくことも大切ですが、急に過度な運動をするのは厳禁です。

そして、歯のかみ合わせや体のバランスもとても大切です。

片方の歯でしか物を噛まない事や、片方の手でしか荷物を持たないなど注意が必要です。

自分で、自分の体が曲がっていないか確認するには、いつも履いている靴の底が片方だけすれていれば、体が歪んでいる証拠です。

整体医院んどでも体の歪みを治す事ができるので、是非相談してみて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ