喉の痛み

喉の痛みの原因の多くは風邪が原因のことが多く、たくさんの人が風邪をひくと喉の痛みをうったえる事があります。

その為、「少し我慢すれば」「すぐに治るでしょ」っと言って放置してしまう人も多くいますが、実は喉の痛みは命に係わる病気であることがまれにあります。

ここでは、そんな風邪から命に係わる喉の痛みの病気と原因、症状の治し方などを紹介します。

喉の痛みの原因

一般的な喉の痛みの原因は「風邪」がほとんどです。 風邪の場合、細菌やウイルスなどが体の中に入り、喉の周辺で繁殖する事によって体の中の免疫細胞が喉まで一緒に攻撃した結果、炎症を起こしてしまうと喉が痛くなります。

風邪のウイルスは様々ですが、約80%がウイルスによる感染が原因で、季節性の「インフルエンザウイルス」「アデノウイルス」などによる感染の場合もあります。

風邪の症状をうったえて病院にいくと多くの人が喉を見て「扁桃腺が赤い・腫れている」っと言われた事がある人がいると思いますが、この場合、扁桃腺に細菌やウイルスがついて炎症が起きる扁桃腺炎っと言う病気です。

ほとんどの喉の痛みの風邪の場合、扁桃腺炎であることが多いです。

次に風邪の症状で特に多いのが「気管支炎」で、咽頭から肺までのひとつの通り道を気管っと呼びますが、気管支炎は、気管にウイルスなどがついたり、タバコやハウスダストなどの刺激によって炎症がおき、喉や胸の痛み、咳やタンが出るっといった症状が出ます。

アレルギー体質の方や花粉症の方など、時期になると、喉の痛みをうったえる方もいますが、これは花粉やアレルギー物質が喉に付き、炎症を起こすために痛くなることもあります。

このようにほとんどの喉の痛みが風邪によるものが多いものの、中には命に係わる病気もあります。

代表的なもので、「咽頭ガン」である場合には、喉の痛みがなかなか治らないや、日数んお経過とともに痛みが増す場合などは、早めに医師の診察・治療が必要になります。

上記にあげた気管支炎も、ほっておくと、小児の場合、肺炎などの合併症をおこし死にいたる場合もあります。

喉の痛みだけだからっと市販の薬だけで治らない場合には、早期の病院の受診をおすすめします。

喉の痛み・違和感対処方法

喉の痛みや違和感の対処方法で、一番有名なのは、眠るときにマスクをつけて寝るだけでも症状が緩和する事があります。

眠っている間に、口から呼吸をしている人は、知らないうちにホコリやハウスダストを吸い込んでいる事があり、マスクをつける事で、眠っている間に吸い込むホコリなどをシャットアウトしてくれます。

また、ウイルスは乾燥したところの方が活発に活動する為、喉を乾燥させず、症状を進行させない方法です。

他に、ビタミンの摂取もおすすめで、荒れた粘膜の回復や新陳代謝に効果があるのでビタミンを多く含むスポーツドリンクなどを飲むと効果的です。

漢方でも扱われている「しょうが」もお勧めです。

生姜には、食欲増進や、咳を鎮めたり、体を温めてくれる効果があるので、喉の痛み以外の風邪にも効果的です。

特に、温かい生姜茶や生姜紅茶などで飲むと、お茶や紅茶の中に含まれるポリフェノールがウイルスなどの殺菌も行ってくれるので一石二鳥です。

市販では、風邪薬でも、眠くならない風邪ぐすりがあったり、のど飴などでのどの違和感などをとる事ができる商品が多く販売されています。

車を運転される方などは、薬局などにいる薬剤師に相談すると、症状にあった眠くなりにくい薬などを紹介してくれるので相談してみて下さい。

注意が必要なのは、喉の痛みだけだからっと甘く見ず、長いく喉の痛みの場合には医師の診察をうけて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ