膝の黒ずみ 原因

女性は、夏になるとスカートをはいたり、袖の短い物を着たりと、膝やひじを出す事が多くなります。

しかし、膝やひじの黒ずみが原因で悩んでしまい、なかなか、短いスカートや袖の短いものを着ないっと言う女性も多いと思います。

膝やひじの黒ずみの原因は、肌が受ける刺激が一番の原因になります。

肌が刺激を受けると、メラノサイトが活性化してしまい、メラニン色素が沢山生産され刺激から肌を守ろうとします。

また、他にも、炎症・乾燥・洋服などで擦れる・圧迫などが原因でもメラニン色素は多くつくられてしまいます。

特に注意したいのは、億劫だからと、膝を突いたまま歩いたり、黒ずみが気になるからと、お風呂でゴシゴシ肌をこするなども原因になるので注意が必要です。

また、寝ているときひじを立てる姿勢もひじの黒ずみの原因になります。

膝やひじの黒ずみの対策と予防

膝やひじの黒ずみの対策は、とにかく、膝に刺激を与えすぎない様に注意する事が一番大切です。

対策と予防では、メラニン色素を作らせない事が重要なので、億劫だからと膝をついたまま歩かない。

お風呂などで、ゴシゴシ膝やひじを洗わない。

パッツンパッツンのズボンははかないようにする。

お風呂上がりには、必ず保湿クリームを優しく塗る。

また、薬局や美容関連店舗などで販売されている体用の美白ローションやオイルも黒ずみ予防には最適ですので試してみるのもお勧めです。

肌の黒ずみを治す

膝やひじの黒ずみを治すには、予防や対策を行いながら行う必要があります。

予防と対策でも書いたとおり、乾燥などでも黒ずみの原因になりますが、スキンケアを行うと、黒ずみの改善だけでなく治す事もできます。

お風呂を上がったあとや、起床時にボディークリームや保湿クリームなどを黒ずみが気になるところに塗りましょう。

また、ピーリングの言う方法で、ピーリングジェルを膝に塗り優しく膝をマッサージしていると、肌の角質がポロポロとれ、黒ずみがきれいになるっと言う方法があります。

黒ずみは、長い間放置しておくと落ちにくくなっている場合もあります。

その様な場合には、美容外科や皮膚科などでも治療を行ってくれるので診療もお勧めします。

ピーリングジェルや、ボディークリームは評判などに流されず、自分の肌に合ったものを使うことが大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ