健康診断とは

健康診断とは、健康の維持・病気の予防・疾患の早期発見の為役立てられている診察・検査の事で、地方公共団体・企業・学校などで、健康診断は、法令で義務付けられているものと、健康診断受信者の任意で行われる人間ドックがあります。

また、保健所などで実施されている基本健康診査(老人など)や乳児健康診査なども行っていますが、乳児健康診査は、市区町村・地方自治体によって診査時期はバラバラでお住まいの市区町村の保健所に確認が必要です。

健康診断は、多くの検査項目がありますが、一般家庭でも簡単に出来る様々な検査キッドが市販で販売されている為、最近では、簡単に自分の健康状態を知る事が出来ます。

健康診断では、採血される事が多いですが、HIV感染症の検査は行われていません。

HIVの検査は、保健所などで氏名などを明かさず検査する事ができます。

検査費用も無料で、保健所のスタッフの方が相談にものってくれるようです。

更に、献血でHIVの検査が出来ると勘違いされている方もいるようですが、献血時に採血された血は、輸血が必要な患者の元に渡る前にHIV検査がされますが、献血実施者には、HIVなどの検査結果は輸血者には知らされないので輸血を行っても検査結果は得られません。

HIV潜伏期間と症状

hivの初期症状は、主に風邪の様な症状で、リンパ節の腫れや発疹が出る事がりますが、ほとんどが、潜伏期間のうちに治ってしまいます。

HIVの潜伏期間は、一般的に5年~10年と言われてきましたが、最近では、HIVの菌が強くなってきている様で、5年~6年の潜伏期間だといわれています。

また、検査を受けても感染初期(3ヶ月程度)の場合には陰性と検査結果が出る事があります。1度の検査だけでなく、心配な場合にはもう一度検査を受けることをお勧めします。

潜伏期間内に出る症状の中に、帯状疱疹(繰り返し起きる)、免疫疾患に似た症状(リウマチやギランバレーなど)を何度も繰り返す症状が出た場合にはHIVを疑った方がいいかもしれません。

HIVの潜伏期間中は、体は健康体だけど、体の中では、免疫機能が少しずつ減少していくのでだんだん上記の症状が出る回数が増えるかもしれません。

HIV発症後の症状

HIV発症後の症状は、元々、HIVは免疫機能を低下させる病気の事なので様々な病気にかかる事が多くなりますが、発症後多い症状をご紹介します。

倦怠感・帯状疱疹・下痢・めまい・過労・皮膚炎・風邪・脳症などが報告の多い症状ですが、他にも、皮膚ガンなども発症後の症状に入ってきますが、これらの症状があったからと言って必ずHIVとは限りません。

必ず医療施設などで、検査をお勧めします。

また、HIV潜伏期間にHIV感染が確認できれば発症を遅らせる治療が出来る為、早期発見・早期治療がとても大事なことです。

HIV治療方法

HIVの治療は、開始したら一生薬を継続する必要があります。

また、使われる薬は、「抗HIV薬」様々な種類の薬が使われていますが、完治・治癒する事は出来ない為、一生薬と付き合っていかなくってはなりません。

HIVは、免疫機能障害なので、各都道府県に届け出れば身体障害者手帳が交付されます。

そして、HIVの感染経路ですが、昔は、唾液からも感染するっと言われた時期がありましたが実際は、唾液では感染しません。

HIVウイルスは、とても弱いウイルスなので、共同生活を送る程度では感染する事はありません。

感染経路でもっとも有名なのが、輸血や注射針の回し打ちなど、血液が付着した物が体の中に入る事が有名で、HIV感染患者の血液のついた針の回し打ちで医療事故も起きています。

また、性行為でも感染する事があります。

また、海外で特に多い感染経路が、母子間での感染で、特に妊娠中は胎児に感染する事は無いのですが、HIVに感染している母親から赤ちゃんへ母乳を与える事でHIVに感染する事があります。

しかし、日本では、妊娠中にHIV検査を妊娠中期に行い、感染が認められる場合には産後母乳を与えないよう指導されています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ