むずむず足症候群とは

むずむず足症候群とは、睡眠前などじっとしている時に足の端末に痛みや不快感が襲う慢性的な病気で、人によっては、足だけでなく腰などにも違和感や痛みを感じる人がいる病名です。

また、患者が脚を動かさずにはいられない症状から、別名で「下肢静止不能症候群」とも呼ばれています。

海外では、1960年に初めてむずむず脚症候群の報告を行ったアメリカのエクボン博士の名前を取って「エクボン症候群」とも、呼ばれています。

むずむず脚症候群の症状は、じっとした姿勢の時や横になった時などに特に脚(腕や腰などの報告もある)ふくらはぎのあたりがむずむずと虫がはっているような感じに襲われ、人によったは、チクチクとした痛みを感じたり、ほてりやかゆみなどを感じ、不快感に感じるのが主な症状です。

多くの患者さんは、足を動かしていればムズムズ不快感は和らぐ人が多いようですが中には、睡眠不足や、睡眠障害などになってしまう患者さんも少なくありません。

むずむず脚症候群の原因は、未だに発病のメカニズムは分かっていません。

しかし、食生活や体質などが大きな問題なのではないかと、研究が進んでいます。

特に、人間の神経の情報伝達に必要なドーパミンと言う物質が減るとうまく情報伝達ができず、むずむず症候群の様な病気の発症につながるのではないかと言われています。

ドーパミンは、鉄分の不足で、ドーパミンが減ることは分かっていますが、ドーパミンは、特に夜減少傾向にある為、多くの患者さんが夜、就寝前などに症状を訴える事が多くあります。

むずむず足症候群の治療

むずむず脚症候群の治療には、睡眠薬なども利用されます。

しかし、無意識に足が動いてしまう人の場合は、ドーパミン受容体作動薬っと言う薬が使われる事があります。

ドーパミン受容体作動薬の多くは、パーキンソン病の治療薬として使われていますが、むずむず脚症候群の方の場合には、パーキンソン病の患者より飲む薬の量は少ないです。

自分で症状を緩和させるには、カと、フェインやアルコールを避ける事が大切で、就寝前に足を良くマッサージする筋肉の緊張をとり症状が改善する事もあります。

しかし、この様な症状がある場合には、専門医の診断を受け、自分に合った薬を飲みながら、症状と向きあっていく事が大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ