腎臓の病気

腎臓の病気には、多くの種類がありますが、大きく分類すると、腎臓内科や小児科などで扱う腎炎・ネフローゼ症候群・慢性腎不全などや泌尿器科などで扱われている腎ガンや腎結石などの2種類に分けられています。

病気の種類によってかかる病院や科が変わってくる病気なのです。

上記にあげた腎炎の場合、腎炎っと言うひとつの病気では無く、腎臓の中にも様々な部位があり、慢性や急性など、症状・病気が多種にわたります。

腎臓病で代表的なものをいくつかご紹介すると
○慢性腎炎:慢性腎炎の症状はむくみ・血尿・蛋白尿・高血圧などで子供でもなりえる病気です。

この病気の原因は、はっきりと分かってませんが、中には急性腎炎から慢性腎炎になってしまう患者さんもいて初期のうちには自覚症状が無いのも特徴で、学校や会社の健康診断などで判明している人も多くいます。

対策としては、激しい運動を控えたり、たんぱく質な食事を控える必要があります。

○ネフローゼ症候群:この病気は、ネフロンっと言う物質の異常によって起こる病気で、たんぱく質がろ過できずに尿と一緒に排出されるようになります。

症状としは、むくみが主で、むくみが原因となって急激に体重が増加する事があります。

この病気も自覚症状に乏しいことがあります。

治療方法としては、水分と塩分を制限した食事療法が一般的で、薬物治療を行う場合には、利尿薬やビタミン薬などを利用する事が多いです。

○糖尿病性腎症:生活習慣病でもある糖尿病の中でも、糖尿病の3大合併症のひとつで、老廃物を排出する機能が低下し、体内に残ってしまった老廃物のせいで腎臓に負担がかかり、腎臓の機能に支障をきたす病気で、進行すると尿毒症や慢性腎不全になります。

治療方法は、食事療法が基本となりますが、インスリンを利用する事もありますが、透析を行う事が、もっとも多い治療方法です。

糖尿病性腎炎は、糖尿病を患ってから数年後に発症することが多いですが、自覚症状が乏しいので、慢性腎不全に移行してから気づくことも少なくありません。

腎臓と足のむくみについて

足がむくんでいるからといってすべてが、腎臓疾患ではありませんが、自覚症状の乏しい腎臓疾患で多く見られる症状が、「むくみ(浮腫)」です。

水分や塩分、老廃物の排出する腎不全など腎臓の機能が低下すると、血中にあふれた水分などが血管から出てくることで、むくみがおこりますが、急性腎炎では、特に朝起きた時に顔(まぶた)がむくんでいる事が多いですが、慢性腎炎の様に、むくみの症状がまったくでない病気もあって厄介です。

1年に一度は、病院などでの、健康診断で、腎臓の機能を調べておけば、病気の早期発見・早期治療にとりかかれるのでとてもお勧めです。

他に、たちっぱなしや座りっぱなしの状態が続くと特に足がむくむ事があります。

この場合、定期的に姿勢をかえるなどすれば多くの場合、むくみは改善されます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ