歯の病気

歯とは、口腔内にあるそしゃくをする為に必要な1番目の器官です。

人体ではもっとも硬いとされ、生後6ヶ月から8ヶ月の間に歯が生え始め、食べ物を食べるのに大切な器官です。

歯には大きく分けて2つの種類があります。生後6ヶ月~8ヶ月頃から生え始め、3歳の頃には全ての歯が生え揃う『乳歯』、6歳頃から生え揃う『永久歯』歯は、上下合わせて28本の歯が生えますが、13歳頃までには、28本の歯が生え揃うものです。

また、親知らずがある場合は、全部で32本の歯が生えます。

歯は、ご飯を食べるのにとっても大切な器官です。

歯が無くなってしまうと、食事が摂れず、また、話しもうまく出来なくなります。

更に、歯は、脳に近く、炎症を起こしたまま、ほっておくと命に関わる病気になってしまう場合もあります。

過去には、虫歯が原因で、亡くなってしまった方もいました…。

他に、歯の病気で代表的な物は、歯周病・急性壊死性潰瘍性歯肉炎・高石灰化・シャベル型切歯・盲孔・歯内歯・などなど、まだまだ多くの病気があります。

最近では、初期症状であれば、市販の歯磨き粉などを使う事で治る病気もあります。

我慢せず、歯・口腔を大切にして下さい。

また、う歯(虫歯)も、早いうちに治療を行えば、病院に通う回数も少なく、治療も痛みなく行えます。ほっておくと、歯から膿が出る事もあり、きちんと治療を行いたいですねぇ!

また、鉄分が不足していたり、カルシウムが不足している時には、歯が浮く感じを覚える事があります。

特に、妊娠中や、風邪などで治療を行っているいる時などにその様な症状が出る場合があります。

殆どの場合は、すぐに治りますが、何日たっても治らない場合は、病院で、診察を受けた方が良いと思われます。

親知らずの痛み

親知らずとは、人間の永久歯の歯一部の歯で、生える人と生えない人と分かれます。

親知らずは、別名知恵歯とも呼ばれる事があります。

親知らずが生える場所は、永久歯の1番奥に生える歯の事を指します。

通常は28本のですが、親知らずが生えている方は、32本の歯が生えています。

親知らずは、様々な口腔内トラブルを引き起こすとされています。

歯が横向きに生えてしまって、歯茎や顎の骨を圧迫し、痛みを与えたり、歯が磨きにくい状態になり、虫歯や歯肉炎を起こしてしまう場合もあります。

この様なトラブルを防ぐ為に歯医者で、親知らずを抜いてもらう事も出来ますが、歯を抜く際に、麻酔を掛けても、痛みがある人もいたり、麻酔が切れたあと、かなりの痛みが襲う場合もあります。

また、抜いた後の、穴に、食べかすなどが挟まり膿が出てしまう場合など様々な問題点があります。

特に、心配な場合や、歯医者から紹介された場合などには、総合病院の歯科口腔外科で親知らずを抜く事もできます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ