風邪のような症状の花粉症

花粉症になってしまうと、基本的には完治するのは難しいと言われています。

多くの花粉症患者の方は、2月から、4月まで杉花粉で悩まされます。

最近では、10月程度から、花粉対策の注射を行ってくれる病院も増え、花粉の症状を緩和する薬も多く販売されています。

しかし、突然花粉症になってしまった方は、風邪と花粉症の違いが分からないと言う方も多いと思います。

花粉症と、風邪の見分け方は、
①風邪の様な症状が長い間続く
②くしゃみが出続ける
③鼻水がサラサラしている
④熱は出ない
⑤目がかゆい
⑥毎年、同じ時期に症状が出る
⑦家族の中にアレルギー体質の方がいる
のうち、2つ以上あてはまる場合は、花粉症の可能性があります。

花粉症の代表的な症状には、サラサラした鼻水が出る事、くしゃみが出る事、目がかゆくなる事、まれに、頭痛がする事などありますが、花粉症の場合には、喉の痛みや、節々の痛み、発熱などの症状は見られません。

発熱などの症状がある場合は、風邪が疑われるので、早めに、病院を受診なさって下さい。

また、それでも、分からない場合は、病院で、アレルギー検査を簡単に行う事が出来ます。

アレルギー検査には、少量の血液が必要ですが、様々なアレルギー物質から、身体に合わないものを教えてくれるので、調べておいても良いと思います。

また、花粉症だと思われる方も、早めに病院を受診すれば、症状を緩和できる薬を処方してくれます。

また、テレビでも良く報道されていますが、毎日、ヨーグルトを食べていると花粉症の症状は緩和したり、完治する場合もあります。

更に、花粉の付いた服を良く掃ってから部屋に入ったり、花粉症の時期は、洗濯物を外干しにしない事や、市販で販売している鼻うがいの用具などを使って花粉症の症状を緩和する事もできます。

常にマスクをつけて行動するのもとっても良い花粉症対策です。

花粉症で妊婦、幼児への影響は?

妊婦さんの花粉症患者の方は、くしゃみが早産や、流産の危険をはらんでいるのでは…

と思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、花粉症で、くしゃみをしただけでは、早産や流産の危険に繋がる事はありません。

しかし、切迫早産気味の方は、1度掛かりつけ医に相談しておきましょう。

また、症状が酷い人には、漢方薬を処方してくれます。

出来るだけ、妊娠前の薬や、市販の薬は服用し無い様にして下さい。

幼児の花粉症の場合も、乳児の場合は、鼻水のつまりが原因で様々な病気にかかってしまう場合もあります。乳児期には、親が、口で鼻水を吸ってあげたり、専用の機材で鼻水を吸い取るようにして下さい。

更に、乳児・幼児共に、病院に1度受診しておく必要があります。

子供用の薬を処方してくれるので、市販の薬を使うよりはとっても安心です。

また、子供の場合は、風邪とも見分けも難しいので、受診をお勧めします。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ