子供が発熱した場合

子供の発熱は、37.5度以上の熱を発熱と判断します。

子供は、大人と比べて、平熱が高い為に、37.5度以上を発熱と言いますが、37.5度以上の熱があっても、子供が元気で、食欲も十分にあれば特に問題はありません。

しかし、生後3ヶ月未満の乳児が38度以上の熱があり、食欲なく、吐いたり、下痢をしている場合は、救急病院に受診する事が望ましいとされています。

乳児の場合、脱水症状を起こしてしまう頻度が、幼児と比べても多く、特に気を付けたたいです。

更に、熱が高い状態が続くと、熱性痙攣や、脳に障害が残ってしまう場合もあります。

その様な事を防ぐ為に、すぐに病院を受診する事をお勧めしています。

また、乳児の場合は、大人の様に体温調整機能が発達していない事から、部屋の温度が高かったり厚着をしていると、体温が高くなってしまう場合もあります。

通常の細菌性の風邪の場合は、抗生物質や風邪薬で殆どの症状は良くなります。

しかし、食欲が無く、水分も十分に取れない場合は、病院で、点滴治療をうける必要があります。

主に、発熱を起こす病気には様々ありますが、代表的なものは、細菌性の風邪、肺炎、インフルエンザ溶連菌感染症、プール熱、マイコプラズマ肺炎などなど、他にも様々な要因で発熱してしまいますがほとんどの病気の場合、うがい手洗いなどで、事前に防ぐ事ができます。

最近では、子供用マスクも色々な場所で購入する事も出来る為、事前に、細菌感染を防ぐ方法はあります。

そして、特に注意をしなくってはならいのが、インフルエンザです。インフルエンザに感染してしまった家族が出た場合は、健康な方とは部屋を分けて生活をし、常にマスクを着用する事、1日5回以上の手洗いうがいが、求められます。インフルエンザに対する治療は、タミフルを服用し、十分な水分、食事をとり、規則正しい生活を送る事が大切です。

また、インフルエンザの予防接種は、毎年10月程度から摂取を希望する方から摂取をしますが、予防接種の効果は、3ヶ月が目安と言われているので、早めに受診してしまうと、3月4月にインフルエンザに感染してしまう場合もあります。

特に気をつけなくてはならないのは、乳児や、妊婦さんがいる場合は、人ごみのある所には出掛けずに、出来る限りマスクを着用しておくと良いでしょう。

発熱した際はすぐに病院へ

生後3ヶ月未満の乳児の場合は、38度以上の発熱があった場合、すぐに、救急病院を受診される事をお勧めします。

幼児の場合は、37.5度以上の熱があっても元気で食欲が十分あれば問題ありませんが、早めの受診をお勧めしています。特に受診する科は、小児科または、出産された病院でも受診できる場合もあります。

成人の場合は、内科で受診する事が一般的ですが、持病などをお持ちの方は、出来るだけ、持病の治療を行っている病院で受診する事が望ましいです。

しかし、そうもいかない場合は、お薬手帳と言って、今までの服用していた薬の履歴の載ったものを受診した病院の先生・薬剤師の方に提示して下さい。

持病の種類によっては、服用できない薬や、治療がありますので忘れないようお願いします。

大人の場合も、子供と一緒で、うがい手洗い、マスクの着用で、細菌性の風邪やインフルエンザなどの感染を防ぐ事が出来ます。

また、手洗いうがい、マスク、規則正しい生活と、十分な食事を摂る事だけで、健康的に過ごす事が出来ますので、常に気をつけておくと良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ