お酒について

お酒とは、酒精・エチルアルコール(エタノール)が含まれる飲料で、酒類や、アルコール飲料、ハードドリンクとも呼ばれます。

日本では、アルコール分が1%以上の物が酒税法で定義されていて、アルコール分1%以上の商品は、課税対象になります。

また、販売されているお酒では、%を度と表示するのが一般的で、日本酒の場合は、日本酒度という尺度があります。

また、お酒は、飲料として飲むだけでは無く、料理に使われる事もあります。

多くは、魚や、肉の臭みを飛ばす為に使いますが、煮物などで使うみりんにもお酒が入っています。

お酒を販売しているお店では、酒類販売業免許を受ける必要があります。

無免許で、販売してしまうと酒税法違反として処罰の対象となってしまう事もありますが、最近では、コンビニや、酒店、スーパーなどでも購入が可能で、様々な種類のお酒が手に入ります。

お酒 ダイエット

お酒を飲みながらダイエットをしたいと思っている方も多いと思いますが、実は、お酒自体は、それほど高カロリーでは無いんです。

お酒を飲む事で、血行が促進されお酒のカロリーは殆どが消費されて完全に燃焼し身体に贅肉としては残らないとも言われていますが、お酒を飲む事で、食欲が増進されて、暴飲暴食してしまい、カロリーオーバーしてしまうケースが多いです。

また、暴飲暴食をしてしまった翌日、朝ごはんを抜いてしまうと、代謝が上がらず、脂肪を身体に溜め込んでしまう事があります。

お酒も、おつまみも、ほどほどが良いと言う事です。

更に、カロリー過多の時に、アルコールを飲んでしまうと、脂肪の代謝が悪くなります。

内臓脂肪を溜め込んでしまう原因になるだけではなく、内臓脂肪が原因での様々な病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

主に、高いカロリーのお酒は、大ビン生ビールで250㌔calありますが、ワインでは、100kcalと、お酒の種類によってもカロリーが様々です。

ダイエット中の肩は、平均100~200kcal程度の飲酒で抑えていればダイエット中の飲酒も太らずに楽しめるはずです。

妊婦がお酒を飲むことについて

妊娠中のお酒は、やめた方が良いとは言われても、足やお腹がうっ血してしまってなかなか寝付けない時などにお酒を飲む方もいるかもしれません…

しかし、通常母体血と胎児血は同じ濃度なので、ママがお酒で酔ってしまうとお腹の赤ちゃんも、酔った状態になってしまいます。

更に、赤ちゃんは、肝臓の機能が未熟な為、アルコールの分解はとても大変なんです。

お母さんが慢性的に飲酒を続けていると、生まれてくる赤ちゃんは、『胎児アルコール症候群』という発育不良などの症状が出る病気になってしまう事があります。

また、神経系に障害が残ってしまう事もあり、更に、出産後、母乳を与えている場合も同様です。

妊娠中の飲酒は、とっても危険なんです…

しかし、最近では、ノンアルコール飲料も増えてきていて、この様なものを代用したり、少量の飲酒で我慢できる人であれば、少量を週に数回と決めて飲めばストレス発散にもなり、胎児にも問題は無いとされています。

基本的には、妊娠中の飲酒は禁止です。更に、切迫早産などの症状で、薬を服用している方は、出来る限り禁酒に勤めて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ