タバコの健康への影響について

タバコとは、一般的に、ナス科のタバコという葉に含まれる、ニコチンなどの4000種類の科学物質が含まれていると言われています。

そのうち、2000種類の科学物質が、人体に有害だとされています。

タバコの葉を乾燥させて、紙などで巻き、先に火を付けて吸い口から、煙を吸うものがタバコと言われるものですが、タバコを吸う事によって様々な健康被害が起きます。

例えば、循環器疾患として、心筋梗塞・狭心症・大動脈瘤・脳血栓・脳出血などや呼吸器疾患では、慢性気管支炎・肺気腫・喘息などや、消化器官では、胃潰瘍・十二指腸潰瘍など…更に、癌の発ガンリスクも高くなると言われています。

その中でも、喉頭がんは、タバコを吸わない人と比べて、32倍の発ガンリスクがあります。

更に、肺がんでは、4.5倍、食道がんでは、2.2倍と言われ、近年では、肺がんによる死亡率は、タバコを吸う本数によっても変わって来ることもわかっています。

更に、女性の場合、老廃物の除去が難しくなり、ニキビや、肌荒れの原因にもなってしまいます。

そして、妊娠中・授乳中の、喫煙は、母体に与える影響だけでなく、胎児に与える影響も大きく、様々な障害を持つ子供が生まれてしまう可能性が高いです。

また。受動喫煙といって、タバコから立ち上る煙は、タバコを吸っている人よりも危険で、副流煙とも言われ、受動喫煙でも、発ガンリスクが高まる。

最近では、ほとんどの場所で、喫煙室というものが設けられ、愛煙家とそうで無い方と分ける取り組みが多く目立ちます。

この様に様々な害の多いタバコをやめるには、『節煙』と言って、すこしづつ、タバコの本数を減らす方法と、『断煙』といって、タバコを断つ方法の2種類があります。

病院などでも、禁煙外来という診療科目が追加された病院も多く、病院では、禁煙バッチを使いながら、『節煙』を行うものが多いです。

また、『断煙』では、水タバコという、タバコの煙も出ないタバコで、何度も使い回しが出来る電池式のものや、使い捨てタイプなど様々な種類があるんです。

禁煙には、ストレスが掛かる場合もあり、自分にあった禁煙方法を見つけるとストレスが掛からず、禁煙できるので、様々な方法を試してみましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ