潰瘍性大腸炎の病院選びについて

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の病気です。

厚生労働省から、特定疾患に指定されていてクローン病とともに炎症性腸疾患に分類されています。

潰瘍性大腸炎の症状は、血便、下痢、重症化すると、発熱、体重減少、激しい腹痛をうったえる患者さんもいらっしゃいます。

潰瘍性大腸炎と診断するには、内視鏡を使う臨床検査を行います。

主の直腸から発症し、内視鏡での臨床検査結果と、血液検査を用いて診断するのが一般的です。

潰瘍性大腸炎での治療法は、食事指導や、薬物療法、透析、重症の場合は、外科手術を行う場合もあります。

潰瘍性大腸炎は、治療法、発症理由などが分かっていない為、食事療法は、あくまで自己判断になってします。

食べる量を調整するだけの人もいれば、食物繊維をとると再燃する人、肉を食べると再燃する人、様々なので、自分が食べられるものを食べるというのも重要です。

この様に、潰瘍性大腸炎は、難病の為、病院探しが大変なんじゃないか… と思われる方もいるでしょう。

しかし、病名が分かっていて、再燃回数、症状が酷く無ければ、殆どどこの病院でも対応してくれる。

主に、「消化器科」「内科」「胃腸科」などが、診察してくれる。

ただし、重症で、外科的手術を受けなくてはならない程の重傷度の人や、ステロイドを投与されている方などは、その旨を病院側に相談すれば、受け入れをしてくれる病院を紹介してくれるだろう。

以外に、潰瘍性大腸炎を持病でお持ちの患者さんでも多くの病院が受け入れをしてくれるだろう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ