自律神経失調症の症状とは

自律神経とは、交感神経と、副交感神経の2つの神経でできていて12時間ごとに、神経の働きを入れ替える様に出来ている。

しかし、ストレスや、夜更かしなどが原因で、2つの神経の入れ替えがうまく出来なくなる事を「自律神経失調症」と言う。

自律神経失調症の症状には、人によって様々な症状がある。

代表的な物を紹介したいと思う。

「頭痛」「頭重感」「耳鳴り」「味覚障害」「動悸」「めまい」「立ちくらみ」「冷え」「息切れ」「血圧の変動」「下痢」「便秘」などがある。

更に、精神的症状として、「不安感」「イライラ」「集中力の低下」「恐怖心」という症状があるが、他にも多くの症状をうったえる患者さんもいる。



しかし、自律神経失調症で問題なのは、病院でも、病気として認めていない為、症状を理解してくれる人が少なく、更に、精神的症状を隠そうとする人も多いという事です。

病院では、上記の症状をうったえてきた患者さんの身体をどんなに検査しても、異常が見つからない場合に付けられる病名で、病気としては、認知されていない病院もあります。

上記の様な症状以外にも、様々な症状があいますが、全ての症状を隠さずに、病院を受診し、身体的、精神的両方からの治療が求められます。

また、この様な、症状をうったえる人の側にいる人の理解も大切で、決して、「仮病」などとは言わない様にして下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ