自律神経失調症での漢方の役割

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経2つの神経系のバランスが崩れる事でおきる症状で、病院に行って様々な検査を行っても異常が見られない場合につける病名が「自律神経失調症」と言います。

自律神経失調症の治療には、自律神経調整薬などの投薬を行います。

更に、心身共に安定させる為に、精神科医のカウンセリングを受けたり抗うつ剤などの投与を受ける場合もあるんですが、妊娠中の方や妊娠の恐れがある方、また、別の薬との飲み合わせが良くない方や、投薬そのものが嫌な方には、漢方がお勧めです。

漢方は、自然の草などを使った薬の為、通常の薬と違って副作用が少ないものが多いんです。

現在では、どこの病院、薬局に行っても、副作用や、薬の特性などを事細かに教えてくれる所が増えている為、少しでも不安だなと思う事があれば病院の先生や、薬剤師の方と相談してみて下さい。

最近では、漢方のみを扱う店舗も沢山ある。

しかし、漢方では治せない病気もある為、現在、病院で出されている薬がある場合は、病院の医師、漢方の専門店の方に相談した方が良いでしょう。

自律神経失調症で用いられる漢方は、多種多様です。

症状、症状や、年齢、性別など様々な事を考慮して薬を処方してくれます。

現在、自律神経失調症と診断されているが、妊娠したい…など、希望をかなえる為ににも1度漢方専門店などに相談してみてはいかがでしょうか?

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ