血管性紫斑病とは

血管性紫斑病とは、アレルギー性機序によって血管が障害を受け四肢末梢に紫斑(赤く大きい発疹)が出来る他、様々な症状が出る。

多くは、腹痛、嘔吐、関節痛、紫斑の強い痒みなどの症状が出ます。

発病年齢は4歳から7歳と言われていますが、10歳を過ぎて発病する人もいる病気です。

別名として、「アレルギー性血管性紫斑病」「アナフィラクイド紫斑病」と診断される場合もあります。

血管性紫斑病は、厚生労働省で認定されている難病なので病院で診断されてから、必要書類を持って保健所に行くと難病認定を受け、入院費用や治療費を国が負担してくれます。

この病気の治療法は未だ確立されていない事から、紫斑だけの症状の場合は、経過観察を見るのみの治療になります。

しかし、激しい運動で紫斑が悪化する為、安静が求められる。

また、食事に関しては、しょっぱいもの、辛いものなど刺激物の摂取は極力控える様心がけた方が良い。

更に、腎炎の発症の可能性がある為、定期的に尿検査を行う必要もあります。

血管性紫斑病の病院選びについて

基本的には、子供のうちに発病し、大きくなるにつれて症状が出にくくなります。

血管性紫斑病の治療には、長期化する場合もある為に病院選びはとても大切な事です。

基本的には、入院施設の整っている小児科がある病院が理想的です。

小児科が無くても、血管内科などの専門的科でも対応してくれるでしょう。

保護者も、毎週の様に病院に行かなくてはならない場合もある為、出来るだけ、自宅に近い病院を選ぶのもポイントです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ