自立神経失調症とは

交感神経と、副交感神経という二つの神経から成り立つ自律神経のバランスが何らかの原因で崩れた場合に起こる症状の総称を自律神経失調症と言います。

交感神経と副交感神経は、生命活動に必要な神経系の一つで、交感神経は、消化や代謝などの活動を活発にしてくれる働きをする。

副交感神経は、交感神経とは逆に、活動を鈍らせる働きをする。

凡そ、12時間間隔で、それぞれが入れ替わる様に出来ているが、夜更かしや、ストレスなどで、脳が休まらない事が原因で2つの神経のバランスが崩れると、自律神経失調症となる。

自律神経失調症は、臨床検査で、病床が認められない為、日本でも、病気では無い!と言う医師もいるほどだ…

自律神経失調症は、うつ病や、パニック障害、過敏性腸症候群など、様々な病気と勘違いされる事もあるが、その様な病気と診断されて、症状が治る人はまれだ。

そして、現在、日本医学会では、それぞれの症状を病院で様々な検査を行っても何の異常も見つからない時につけられる診断名で、病名としては、まだ認めていない様です。

つまり、自律神経失調症とは、様々な要因が元で神経的・身体的に過度なストレスを感じると様々な症状が出てくる病名なのだ。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ