地震保険 特徴

東日本大震災から数年たち、今また見直される機会の増えた地震保険。

ここで、地震保険の特徴をおさらいしたいと思います。

地震保険は、昭和41年(1966年)に地震保険に関する法律に基づいて創設されました。

地震や噴火、またはそれによる津波や、地震・噴火を原因とする火災や損壊、埋没、流失の損害に対して補償される保険です。

一般的に地震保険は、家や家具にかける保険ですが、家の保険の契約の際に火災保険への加入をする人は多いですが、

火災保険は、地震を起因する火災やその他のことでは補償の対象外になってしまうので注意が必要です。

しかし、地震を起因とした火災といってもその見分けは難しく、実際に阪神淡路大震災の際には、火災保険加入者が保険会社を相手取って

裁判を起こしましたが、火災保険加入者側が敗訴している実例もあります。

そのため、地震に備えるためには、必ず地震保険への加入が必要になります。

さらに、地震保険の特徴として一番大きいのは、地震保険は国の主導の保険になり、地震が起きた場合には、国(政府)と損害保険会社が協力して保険金の支払いを行います。

また、地震保険に加入する際には、火災保険への加入が必要で、火災保険への加入が無い場合には、地震保険への加入もできないことになっています。

保険対象は、建物や家財などになり、別々に保険を掛ける必要があります。

また、地震保険については、どこの保険会社で契約をしても原則保険料や補償の内容は同じになります。

しかし、補償の内容を手厚くしたり特約をつける場合には保険会社によってさまざまになるので事前にリサーチが必要です。

地震保険 地域

地震保険は、住んでいる家の状態などによっても金額が違います。

例えば、木造か、木造でないかで保険料は年間半額も違ってくる場合もあります。

また、日本国内すべての地域で同じ保険料で加入できるわけではなく、地域によっても金額が変わってきます。

例えば、地震の発生確率の低い地域では、保険料は安く設定されていて、日本国内で最も安い保険料の地域は、

『岩手県』『秋田県』『山形県』『福島県』『栃木県』『群馬県』『富山県』『石川県』『福井県』『鳥取県』

『島根県』『山口県』『福岡県』『長崎県』『佐賀県』『熊本県』『鹿児島県』などになります。

次いで、保険料の高い地域は、『北海道』『青森県』『宮城県』『新潟県』『長野県』『岐阜県』『滋賀県』

『京都府』『兵庫県』『奈良県』『岡山県』『広島県』『大分県』『宮城県』『沖縄県』になります。

次いで、保険料の高い地域は、『埼玉県』『大阪府』『香川県』『茨城県』『山梨県』『愛知県』になります。

次いで、最も保険料の高い地域は、『東京都』『神奈川県』『静岡県』『徳島県』『高知県』『千葉県』

『愛知県』『三重県』『和歌山県』になります。

しかし、この保険金額は、地震の発生頻度など、様々な要件で数年おきにみなおされ、保険料が高くなったり安くなったりします。

特に、一番高い保険料の地域は、今後、関東大震災や東南海地震、南トラフ地震など警戒される地震が発生する可能性が高いとして一番高い保険料が設定されています。

地震はいつか必ず起きるといわれています。

起きてから考えるのではなく、起きる前に事前に見直し、検討、行動をすることで地震後の生活を守ることもできるので、是非検討をしてみましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ