学資保険 種類

学資保険は、親がまたは親族が、子供の将来のお金の不安を解消するために加入する保険です。

通常、保険は、被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われるものですが学資保険は加入時に定めた年齢に子供が達した時や

契約から一定の年数が経過すると満期金や祝い金が支払われる保険になります。

学資保険と一言で言っても、様々な種類の学資保険があります。

まずは、満期金やお祝い金が受け取れる年齢や期間も、保険の種類によって選べます。

例えば、中学入学高等学校入学、大学入学、社会人になる時と、将来の必要なお金を事前に想像し保険の形を組み替えることができます。

また、被保険者は子供ですが、契約者は親になるので親が死亡や高度障害状態になった場合に保険料の払込をそれ以降なくてよい特約、

学資保険と一緒に死亡保障や医療保障などをセットで契約する。

また、将来、海外へ留学を考えている家庭では、外貨建ての学資保険に契約し、保険金額を外貨で受け取ることで外貨への両替の手間を省くこともできます。

保険会社によって様々な種類の学資保険があり、金額だけでなく、学資保険の形や付ける特約などいろいろと選ぶことができます。

学資保険 契約

学資保険への契約は、子供が生まれてからできるだけ早いうちにすませることで毎月の保険料を安く抑えることができます。

保険会社によっては、赤ちゃんが生まれる前に、親の夢や理想などから保険の種類や保険の金額、特約などを事前に選んでおくことができます。

学資保険は、子供のお金が必要な時にまとまったお金を用意することができる保険になるので、しっかり貯金ができれば必要ないと考える人もいるようですが、

保険の特徴として、契約者に万が一のことがあった場合にそれ以降の保険料は必要ないのに、保険金額は契約時の金額が受け取れるまた、

貯金が苦手な方や、チョコチョコお金をおろしてしまう方にオススメです。

また、最近では、学資保険ではなく、契約者は親、被保険者は子供という形で終身保険に契約し、子供が成人するときに、または結婚の時などにプレゼントするなどの契約方法もあります。

学資保険の特徴をよく理解し、子供への夢や希望、将来への不安や子供の夢へのお金を準備するためにも学資保険を検討することは大切なようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ