医療保険 特徴

医療保険は、名前の通り、医療保険契約者が、病気やケガで入院や通院などをしてしまった場合に支払われる保険のことです。

昔は、終身保険や定期保険などの特約としてセット販売されていたため、医療保険に単体で加入しなくてもよかった時代があります。

しかし、現在では、何らかの理由で医療保険に加入できない人でも加入できる保険も販売されたり、値段もどんどん安い医療保険が登場しています。

終身保険や定期保険は、被保険者が、死亡または高度障害状態になった時に、保険金が支払われますが

医療保険は、入院や通院で医療を受けた場合に、給付金として保険金が支払われます。

昔の医療保険は、入院5日~や7日目から給付金の支払い対象になっていましたが、近年では、入院1日目からや中には日帰りの手術でも給付金の支払いの対象になる保険もあります。

医療はどんどん進歩しているため、入院期間が短くなっているための措置です。

医療保険の保険金額は、保険の種類によっても様々ですが一般的に5,000円程度から10,000円程度までが一般的です。

保険料についても、保険金額以外にいっしょに付ける特約によって違ってくるため、販売員に相談する必要があります。

最近では、大型ショッピングモールなどに足を運ぶだけで簡単に既契約の保険の診断や家庭や個人に一番ふさわしい保険を探してくれます。

医療保険 種類

医療保険には大まかに分けて、二つの種類に分けることができます。

まずは、『定期医療保険』定期医療保険は、保険期間も保険料払込期間も契約時に定められている医療保険です。

一般的には、10年ごとに更新が必要で、更新のたびに保険料は増えるシステムの医療保険になります。

また、『終身医療保険』は、保険料の払込期間は契約時に定めてあるものの、保険期間は、被保険者が死亡またま解約するまで継続する保険です。

定期医療保険とは違い、保険料は契約時に定めた金額で一定のため、契約時の保険料は『終身医療保険』のほうが高いものの、契約満了時までで考えると、『定期医療保険』の方が総額の保険料が高くなります。

他にも、女性特有の病気に特化した医療保険や、ガンなどの病気に特化した医療保険さらに、最近では、一定期間入院などがなかった方にお祝い金を支払う医療保険と様々なタイプの医療保険があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ