遺産相続 無料相談

遺産相続とは、亡くなった方が所有していた様々なものを生きている親族などで引き継ぐことを遺産相続と呼び、

遺産相続手続きとは、亡くなった方の銀行預金や保険金、株、有価証券、土地、家屋(不動産)、自動車、会員権などを相続するための手続きのことを指します。

親族が亡くなった場合には、相続に関わる人すべてで上記の遺産が無いかどうか調べる必要があります。

次に遺産相続の手続きでは、亡くなった方の出生から死亡にいたるまでの戸籍謄本の取得と、法定相続人全員の戸籍謄本などの全てを集める必要があります。

その後、その内容から法定相続人が誰になるのか確認をする必要がでてきます。

一般的に、夫を亡くした妻、子がいれば、妻や子供が法定相続人になりますが、万が一、相続が開始して相続放棄も限定承認もしないで

3か月が経過すると、単純承認したことになってしまい、被相続人が死亡時に所有していた一切の権利や義務を相続人が

相続分に応じて共同で相続することになります。

遺産相続には期間があり、相続する人や金額など分からないことが多いと思います。

また、妻や子供がいても子供が兄弟姉妹などで多くの人数で相続する場合や、妻や子供がおらず、親や孫などが相続する場合などそれぞれの相続の方法があります。

そして、何より相続人の頭を悩ませるのが、相続税などの税金関係になります。

相続する人と、財産を所有していた人との続柄などで税金の負担割合などが違ってくるので個人で計算するのはとても面倒になります。

そこで、遺産相続では、無料で相談ができる『全国相続無料相談センター』というところで無料で相談することができます。

全国相続無料相談センターとは…

全国相続無料相談センターは、相続の悩みを無料で相談できるセンターで、問題解決の為に情報支援や専門カウンセラーなどを完全無料で対応をしてくれます。

全国相続無料相談センターは、郵便局や都市銀行などの全国155箇所もの金融機関と提携を結んでいます。

大手金融機関との提携には厳正な審査をクリアしているので安心して相談をすることができます。

相続は、遺言書があれば、原則として遺言書通りの内容に沿って財産が相続されます。

遺言書が無い場合には、民法が定めるルールに沿って相続をすることを法定相続と呼びます。

まず、相談前に遺言書があるか、ないのか、または、一部の遺産についての遺言書があるのかなどを調べる必要があります。

遺言書も、自筆証言遺言(家庭裁判所の検認手続きを行うもの)や、

公正証書遺言(執行人が指定されている場合にはその方がすべての手続きを進めていく場合)などの方法があります。

また、相続は財産の他にも借金も相続することになってしまいます。

つまり、相続はしたけれども、借金の方が多ければ、借金の返済を行わなければならないので相続をする場合には注意が必要になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ