古物商 申請

古物商とは、中古品や転売を目的に購入した新品の品物を商業として転売または交換をする業者や個人のことを指します。

古物商として、上記の転売や交換、レンタルやリースなどをする場合には古物商許可証の申請をする必要があります。

古物商許可証は、営業する店舗や個人の所在地を管轄する警察署の防犯係で申請の手続きをすることができます。

申請に必要な手数料は、19,000円の手数料が必要で、万が一、申請が不許可になっても手数料は返却されません。

また、申請の手続きが不備なく行われて、申請日からだいたい40日以内に申請を行った警察署から許可・不許可の連絡が来ます。

古物商許可証の申請に必要な書類には、許可申請書がまず必要になります。

申請書の記載方法は、個人の許可申請と法人の許可申請と少し違うので確認をする必要があります。

さらに、許可申請書の原本と添付して提出の必要な書類には、個人許可申請者の場合、

『住民票』、『身分証明書』、『古物商への登録がされていないことの証明書』、『略歴書』、『誓約書』、

また、申請する内容によっては、『営業所の賃貸借契約書のコピー』、

『駐車場など保管場所の賃貸借契約書のコピー』、

『URLを届け出る場合にはプロバイダーなどからの資料のコピー』などが必要になります。

法人許可申請の場合には、『法人の登記事項証明書』、『法人の定款』、『住民票』、

(監査役以上の役員全員と営業所の管理者の住民票が必要になります)

『身分証明書』、『古物商に登記されていないことの証明書』、『略歴書』、『誓約書』、

また、申請する内容によっては、『営業所の賃貸借契約書のコピー』、

『駐車場など保管場所の賃貸借契約書のコピー』、

『URLを届け出る場合にはプロバイダーなどからの資料のコピー』などが必要になります。

さらに、個人・法人の場合問わず、行政書士などの第三者に申請を依頼する場合には、委任状が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ