てんかんでも加入できる保険

てんかんと診断され、治療中の方は現在日本に60万人~100万人もの人がてんかんと診断されています。

大人になり診断された場合の方の多くは事前に保険に加入していたという方も多いと思いますが

子供のうちにてんかんと診断されてしまうと、保険の重要性は十分理解しているのに保険への

加入ができないや診査など基準が厳しくなってしまう方が多くいます。

また、完治後も、通常の保険であれば完治から5年を経過しないと保険への加入ができない保険会社が多いです。

そこで、てんかんの治療中でも加入できる保険には、『引受基準緩和型保険』という保険がオススメです。

加入後、1年間は、契約した保険金の半額しか保証がされない保険商品が多いものの

それ以降は保険契約時に定めた保険金が支払われるなどちょっと特殊な保険ですが

簡単な告知で保険の申し込みが可能で、持病や既住歴がある人でも3つ~5つの簡単な質問項目の記入ですみます。

保険の種類も、医療保険と、死亡保障の2種類の保険から選べてもちろん両方の申し込みもできます。

保険料は通常の保険よりも高くなったり、保障額が少なかったりとするものの、

持病や既住歴がある方には嬉しい保険です。

ぜんちのあんしん保険

てんかん協会が推奨する保険に『ぜんちの安心保険』という保険があります。

日本てんかん協会の会員になっていれば方が保険の申し込みができる保険で

医療保障では、病気やけが、入院にも備えることができる医療保険と

個人賠償責任補償では、他人にケガをさせてしまった時や他人の物を壊してしまった時の保障

トラブルに巻き込まれてしまった時の弁護士費用を保障してくれる『権利擁護費用補償』

もちろん保険ですので、死亡保障にもそろった内容でまさに安心の保険のようです。

日本てんかん協会の会員になっている方だけが加入できる保険なので

保険加入の申し込みの前に会員になることを検討してみてください。

『公益財団法人 日本てんかん協会』:http://www.jea-net.jp/seimei.html

『ぜんち共済株式会社』:http://www.z-kyosai.com/

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ