定期保険 特徴

定期保険とは、契約者、被保険者に万が一のことが起こり残されてしまう家族のために生活費や教育費などに備えるための保険です。

定期保険は、その名前の通り一定期間、決められた期間や一定の年齢までの間の保障を担う保険になります。

終身保険は、一生涯の保険で保険料は一般的に保険加入年齢や払い込み期間などによってバラバラですが高くなります。

定期保険は、終身保険で賄えない部分の金額を賄うための保険で保険金は高く設定しても安い保険料で契約することができます。

保険料は安いものの、定期保険のほとんどが解約返戻金がなかったり、あっても少額になることがほとんどです。

そのため、多くの保険会社では、少額の保険金の終身保険と、高額の保険金の定期保険をセットで販売したり、購入を進めるのが一般的です。

最近では、定期保険もさまざまなタイプの定期保険が販売されていて、5年、10年、15年、20年などの決められた期間の保障をする定期保険や、

三角の定期保険として最近注目されている収入保障定期保険や逓減定期保険などのタイプがあります。

収入保障保険や逓減定期保険は、家族や子供成長とともにかかる生活費や教育費、家のローン残高などは減っていくのが一般的ですので

その家庭ごとに必要な保険金額を算出し、被保険者に万が一のことがあったのちの家族の生活費などから算出する保険になります。

一般的に通常の定期保険よりも収入保障保険のほうが保険料が安くなりますが、年々保険金は減少していきます。

他の保険と同様に家族のライフプランに合わせた保険を購入する必要がある保険の一つになります。

定期保険の種類

定期保険にもさまざまな種類があり、保険会社ごとに取り扱っている内容が違うことが多いです。

まず、『定期保険』は、若いうちに安い保険料で高い保険金額の保険に加入できる保険になります。

一般的に、5年、10年、15年、20年で保険期間が終了し、その後、一定の年齢まで更新をすることができます。

更新時には、更新時の年齢や病歴で更新するので、更新の度に保険料は高くなってしまうので一般的には、保険料は上げずに保険金額を下げて契約することが多いようです。

更新には、保険契約時に必要な審査や告知が免除されることもあるのようです。

保険会社や保険金額によってさまざまなので契約を考えている保険会社に説明を求めることが大切です。

『逓減定期保険』は、保険契約後、年々少額が逓減(減っていく)保険になります。

被保険者に万が一のことがあった場合の年齢ごとに家族のライフプランに合わせて作ることができる保険で、住宅ローンや子供の教育費などに不安がある場合にはオススメの保険になります。

ライフプランは、ファイナンシャルプランナーや、保険の販売員が計算してくれるので自分の生活スタイルに合わせて保険金額を設定することができます。

通常の定期保険よりも逓減定期保険のほうが保険金額は安く、更新もないのがメリットですが、年々保険金額が減ってしまうことがデメリットになります。

『収入保障保険』は、被保険者に万が一のことがあったのちの家族の生活費を保障する保険で、残された家族に毎月決められた金額が支払われる保険になります。

支払われる金額は、契約時に設定することができるので、生活スタイルに合わせて設定することができます。

また、逓減定期保険と収入保障保険の違いは、逓減定期保険は、一括で保険金を受け取ることができますが、収入保障保険は毎月決められた金額を受け取る保険です。

保険会社によっては、両方の要素を合わせた定期保険もあり、保険金受取時に決めることもできる保険もあるようです。

基本的に定期保険は、『安価』に『高額』な保険を購入できる保険で、多くの場合、終身保険と定期保険をセットで購入される方が多いようです。

ご家庭の生活スタイルによって保険金額、保険料などが細かに設定できる保険ですが、保険金額が高いからこそ、審査や告知も厳しくなってしまうことが多いようです。

告知や審査の基準も保険会社によってバラバラなので、いくつか検討することをオススメします。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ