ファイナンシャルプランナー 受験資格

ファイナンシャルプランナー試験の受験資格は、級によって異なります。

3級の場合だと、特に受験の際に必要な資格などはなく、

FP業務に従事している方か、従事しようとしている方であればだれでも受験することができます。

2級になると、受験資格がFP3級技能検定の合格者または、FP業務に関して2年以上の実務経験を有している人、

日本FP協会が認定しているAFP試験研修を修了している人、厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者の

いずれかの資格を有している方に受験資格がありそれ以外の方は受験することができません。

また、1級になると学科試験の受験資格には、2級技能検定の合格者でFP業務に関して1年以上の

実務経験を有している人、FP業務に関して5年以上の実務経験を有している人、

厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有している人のいずれかに受験資格があります。

さらに、実務試験への受験資格は、1級学科試験の合格者で、合格日から前々年度までの合格者に属する人、

日本FP協会のCFP認定者、日本FP協会のCFP協会のCFP試験審査試験の合格者であるいずれかの方に受験資格があります。

そのため、簡単に2級以降の受験に挑戦する場合には、3級から徐々に試験に合格し、上級の試験への受験資格を取得する必要があるようです。

FP 就職

ファイナンシャルプランナー試験に合格したら次に考えるのは取得したFP資格を生かすことのできる就職だと思います。

それまでの経歴にもよりますが、ファイナンシャルプランナー取得後は、多くの場でキャリアアップが実現することが多いようです。

特に、保険業界、銀行業界、証券業界などでは、顧客の家族構成や資産状況、仕事や将来のライフプランなどに合わせた

必要な貯蓄や保障などを準備するのによりよい方法を提案することができるからです。

また、FP試験では、相続や不動産のことも学習するため、不動産業界からも注目されている資格です。

なかには、ファイナンシャルプランナー資格を取得していると、就職が有利に働く場合も多くの場面であるようです。

ファイナンシャルプランナーは、お金のプロフェッショナル!!

お金がかかわることには、さまざまなアドバイスをすることができるので、他の業界からも今や注目を集める資格になっています。

さらに、職業に生かさなくとも、自分の家族のライフプランで必要になるお金の計算ができることから将来の夢への成功も近くなるかもしれません。

就職にも、自分自身のキャリアアップにも生かせる素晴らしい資格のようです。

しかし、就職の場においては、2級以降の取得が望ましい場面も多いので、就職で生かしたい場合には2級以降の取得を目指すと良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ