ファイナンシャルプランナー 相談

ファイナンシャルプランナーは、お金のプロフェッショナル。

家庭の総合的な資産設計を行う専門家になり、家計の『ホームドクター』とも呼ばれます。

それぞれの家庭のライフスタイルや夫婦や家族の価値観、経済環境などを考慮しながら

家計の状況や、収支の内容、資産、負債や保険などのあらゆるお金のデーターを集めて

現在の家計の現状を分析し、今後の方針などをアドバイスしてくれます。

将来の夢や、子供にかける教育費、住宅のことなどの長期的なものから

短期的なものまで顧客にアドバイスや援助をする専門家です。

最近では、住宅ローンの契約前や保険の契約前に、ファイナンシャルプランナーに相談してから契約をするという人も多くなっています。

なかには、弁護士や司法書士、税理士や公認会計士、社会保険労務士、保険や不動産のプロなどと一緒に

包括的にさまざまな悩みや夢へのアドバイスを行ってくれます。

有料で、ファイナンシャルプランナーに家計の相談をすることももちろ可能ですが、

日本FP協会では、『FP広報センター』で電話でもくらしとお金に関わる疑問や相談に答えてくれます。

『FP広報センターの活動』:https://www.jafp.or.jp/consult/kouhou.shtml

また、様々な場所でセミナーなども開催され、それぞれのテーマに合ったセミナーも開催されています。

FPに相談前に…

ファイナンシャルプランナーに相談をするときには、まずはどのような内容を相談したいのか明確にしておきましょう。

なかにはいくつかの相談をしたいと考える方は、聞いておきたいことリストを作成するととても明確な相談ができます。

FPへの相談では、一般的に時間制で、多くの場合が有料での相談になるので、限られた時間の中で質問するために必要です。

また、独立型のFPへ相談をする場合には、事前に料金形態を調べることも大切になります。

なかには、ライフプランの提案書、収入・支出・資産運用キャッシュフロー表、生命保険・損害保険などの見直しには

別途で料金設定をしている場合もあります。

無料で、相談できるFPでも、多くの場合は時間制になるので、やはり聞いておきたいことリストの作成は大切になります。

しかし、お金のプロのファイナンシャルプランナーでも、税務の相談や投資の助言、

法律に関係する相談、個別保険商品の説明はできませんので、それぞれのプロへの相談が必要になります。

また、家計の収支や現在加入している公的保険、年金、個人保険、年金などの情報がないと詳しく

家計の状況判断ができないので、ある程度の家計の状態も把握してから相談に行きましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ