ファイナンシャルプランナー 難易度

ファイナンシャルプランナーとは、個人などから収支や負債、家族構成、資産状況などの情報の提供を受け

その情報を基に住居や子供の教育、将来の老後資産などの将来のライフプランニングに適した

資金計画などのアドバイスを行う職業でその職に就く人のことを『ファイナンシャルプランナー』または、『FP』と呼びます。

日本では、ファイナンシャルブランナー資格は、1級から3級までの資格があり、民間資格、公的資格、金融業や保険業の業界団体が実施する

ファイナンシャルプランナー資格に類似する資格が多数存在しています。

お金のエキスパートとも呼ばれるファイナンシャルプランナー試験では、節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、保険、老後、相続まで

様々なお金が関わる項目での試験があり、試験の項目には、『ライフプランニングと資金計画』、『金融資産運用』、『タックスプランニング』、

『リスク管理』、『不動産』、『相続・事業承継』などの項目があり、ファイナンシャルプランナーの試験を取得することで

様々な業態への就職のかてになったり、現在の生活でのキャリアアップにも繋がる資格のため、受験者は年々増えています。

ファイナンシャルプランナー試験の難易度は、学科試験と実務試験で他所の差はあるものの、平均して3級ですと60%前後の合格率になります。

一般的に、3級は、ファイナンシャルプランナーの入門編としてとらわれているため、それほど難しい試験ではないようです。

二級になると、少し合格率が減り学科試験の合格率は、40%前後、実技での合格率は、50%前後の合格率になります。

3級よりは、難易度は上がりますが、それでも難しいといわれる試験ではないようです。

しかし、1級になると、合格率はかなり下がり、平均して10%前後の合格率になるようです。

FP 勉強方法

FPの資格取得のために今後勉強方法を考えている方…

ファイナンシャルプランナーと聞くととても難しそうなイメージを持つかたもいるようですが

3級や2級程度なら過去問題の習得で十分に合格を目指せる試験です。

過去問題については、インターネット上でもダウンロードが可能で、お金をかけずに勉強することも可能です。

しかし、法改正なども多い試験のため、できるだけ新しい情報を取得するためには、

書店などで販売されている最新の書籍を使っての勉強も大切になります。

なかには、3級だと一夜漬けで合格できたといわれる方もいるようですうが、2級以上の試験の合格を目指すなら

やはりある程度の知識を得るため、書籍などでの勉強や講座受講などを通じての勉強も視野に入れておくと

今後の上級資格取得に役にたつことがあります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ