終身保険 特徴

終身保険とは、保険商品の中でも最もポピュラーな保険で皆様も一度は聞いたことがある保険だと思います。

終身保険は、契約をし、責任開始日(契約書、初回保険料、告知書)の提出が全てそろった日から保険の効力が開始されます。

終身保険の特徴は、終身保険という名前の通り一生涯の保障がされる保険で保険契約時に定めた被保険者が死亡または高度障害状態になったとき、

リビングニーズ特約に該当する場合(余命6か月)と診断された場合に一般的に保険金が支払われる保険になります。

終身保険の払い込み期間は、契約時に家庭の状況に合わせて決めることができ、一般的に一時払い、短期払い、長期払い、払い込み期間の細かな設定ができます。

つまり、終身保険を安く購入したい場合には、長期契約や終身払いの契約をすることで毎月または年払いの保険料は安く抑えることができます。

逆に、早く保険の払い込みを終えたい場合には、一括での支払いや、短期払いにすることもできますが毎月の保険料は高くなってしまいます。

どの保険にも言えることですが、保険料の計算方法は終身保険につけられている特約や保険会社によってさまざまですし、加入した時の年齢、病歴、職業、性別などで大きく変わってきます。

終身保険の特徴として一番大きなことは、一般的に呼ばれている定期保険(一定期間のみの保険)と違い死ぬまで保障してくれる保険になるので保険金額も定額保険よりも高くなります。

しかし、定額保険の場合には一定期間のみの保険になるため、一定期間後には更新が必要になり、一定の年齢になると加入できなくなってしまうこともあるため

残されてしまった家族への一生涯の安心を手に入れるためには、必要になある保険になります。

また、終身保険の特徴で次に魅力的なものには、終身保険に解約返戻金付きの終身保険に加入すると万が一、解約をする場合には解約時に一定の定められた金額を受け取ることができます。

解約返戻金は、契約している保険会社が、死亡保障の支払いのために支払われた保険料の中から一定の割合を積み立てます。

この積み立てのことを生命保険会社では責任準備金と呼び、解約返戻金はこの責任準備金の中から保険会社の定める一定の割合が計算されます。

この割合については、契約時に保険販売員が事前に説明してくれたり資料を提出してくれるので一度ご確認ください。

解約返戻金は、そのほとんどが契約直後はほぼ0または微々たるものですが、契約後長期間保険料を支払っていた場合には死亡保険金まではいかないもののそれ相応の金額になることが多いです。

しかし、解約返戻金付きの終身保険も通常は、解約返戻金付きの終身保険のほうが毎月の保険料が高く、解約返戻金無の終身保険のほうが毎月の保険料が安くなります。

契約時には、この点も十分に気を付けて契約する必要がありますね。

終身保険 種類

ひとことで終身保険と言っても、終身保険にもいくつかの種類があります。

『低解約返戻金型終身保険』では、従来の終身保険の解約返戻金の割合が低く設定されている保険なので保険料も安くなっています。

しかし、解約返戻金は従来の終身保険よりも安くなってしまいますが、通常の終身保険とそれ以外に変わりはありません。

『積立利率変動型終身保険』は、市場金利を反映して積立の利率が毎月変動します。

積立利率の上昇で積立金が増加すると、増加した金額に応じて増加保険金額が出て、解約返戻金が増加する保険になります。

逆に積立利率が年の最低保証を下回ってしまった場合には、増加保険金額が出ます。

そして、一度増えた増加保険金額はその後、積立利率が下がってしまっても減ってしまうことはありません。

『終身型変額保険』は、生命保険会社の特別勘定の運用実績に応じて保険金額や解約返戻金が変動するタイプの保険になります。

保険の支払の時には、基本の保険金額+変動保険金額の支払が発生する保険で基本保険金額は最低保証されています。

なお、終身型変額保険は、解約返戻金の最低保証がされていないのが一般的です。

『外貨建て終身保険』は、外貨(米ドル、豪ドル、ユーロ)などで保険料を支払い、保険金や解約返戻金も受け取ることができる保険です。

外貨建て終身保険の一番の特徴は、為替相場の変動によって、保険料や支払われる保険金額、解約返戻金が変動します。

この変動のことを『為替リスク』と呼び、この為替リスクは契約者や保険金・解約返戻金の受けとり人に帰属し、保険会社は一切の責任を負いません。

その変わりに、外貨建て終身保険の保険契約時に保険販売員が詳しく説明し、わからないことがあった場合にはいつでも対応してくれるようです。

さらに、保険料の払い込み日は決めることができないものの、保険金・解約返戻金の受け取り時には、受取人が期日を指定するころができることが一般的です。

通常の終身保険と外貨建て終身保険では、同じ保障内容でも保険料が外貨建て終身保険のほうが保険料が安く購入できることが一番のメリットになるので一度見比べてみるのも良いかもしれません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ