遺族年金とは…

遺族年金とは、家族のために働いてくれていたご主人に万が一の事があった場合に、その遺族に支払われる公的年金制度の一つです。

遺族年金を受け取るには、年金の支払を亡くなる前月までに3分の2を支払っている方、または、在職中に亡くなった方。

など様々な条件はありますが、年金をしはらっていた金額に応じて、遺族年金が支払われます。

特に、18歳未満の子供を育てている家庭の場合には、見逃せない制度です。

遺族年金の受給要件は、年金保険の被保険者であった者の妻又は、18歳未満の子供を育てている場合。

また、日本に住所があり、60歳以上65歳未満である人。

老齢基礎年金の受給権者である人。

老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人などの条件がいくつかあります。

その中でも、ここで注目したいのは、遺族基礎年金を受給する事ができる人は、亡くなった方によって生計を維持していた子のある妻と、その子供が受給する事ができる年金です。

最近は将来の年金制度に不安を感じ、年金を支払わない方も多い様ですが、18歳未満で残されてしまう子供には多くのお金がかかります。

そんな子供と奥さんに苦労をかけないためにもとっても大切な制度なんです。

遺族年金 受給額

遺族年金の受給金額は、保険内容や子供の数などによって変わります。

まず、国民年金保険と、厚生年金保険では、金額が違う事は有名ですね。

更に、子供の数によって、受給額は増えていきます。

しかし、これだけで生活するのには、少し無理があるかもしれません。

また、死亡一時金として年金の支払期間に応じた金額が支給されます。

夫の扶養に入っている奥様も多いでしょうが、一度、年金の支払期間などを確認する必要があるでしょう。

受給金額は、様々なサイトで試算を出してくれるものもあるので、一度利用してみて下さい。

万が一の時の少しでも安心に繋がればと思います。

最近では、若者の間で、将来の年金不安で、年金の未払いが多いとニュースなどで目にします。

しかし、年金は、税金からも捻出されていますし、遺族年金の様に、先の長い将来にもらうもので無い事もあるんです。

年金をもっとよしり、未払いがなくなる事を願うばかりです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ