団体信用生命保険 ローン

団体信用生命保険とは、長期間にわたり返済をする高額な住宅ローンなどの返済中に住宅ローンの契約者などに万が一の事があった時に支払われる保険の事です。

団体信用生命保険は、通称団信と呼ばれていて、住宅ローン返済中に住宅ローンの契約者が死亡、高度障害になった場合にその契約者に代わって住宅ローンの支払をしてもらう保険になります。

金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むものになるので、掛け金も安いのが特徴です。

しかし、中には、年令や持病の問題で、団体信用生命保険に加入できない方には、ローンを断ってしまう金融機関もあるので注意が必要です。

しかし、一部の民間金融機関では、団体信用生命保険の加入は、任意であることがあるので、そういう場合には、個人で契約が必要になります。

すると、保険料も上記の金融機関よりは高くなってしまう事もあるので確認が必要です。

また、団体信用生命保険の中には夫婦でともに加入できる『デュエット』という商品があります。

この商品の場合には、夫婦供に加入できるので、夫婦のどちらかが死亡したり、又は、高度障害状態になってしまうっても住宅ローンの返済額の残高が弁済されるのです。

更に最近では、三大疾患になり、働く事が出来なくなった状態でも保障の対象になったりする保険も出てきました。

商品の内容も、保険の支払金額も金融機関によって様々ですので、住宅購入前に十分に確認をしておく事が大切です。

団体信用生命保険 告知書

団体信用生命保険に加入するとき、必ず記入するのが、告知書です。

告知書は、どんな生命保険に加入するときにも記入するもので、正しく告知をする事が大切な書類になります。

多くの金融機関では、それほど多い項目の質問があるわけではないので、多くの方が、加入が簡単にできるといわれます。

しかし、告知書の質問に一つでも『ハイ』がつくと、事細かに内容を書く必要があり、その内容をもとに保険加入の有無が決まります。

でも、『ハイ』をつけなければそれで良いわけではなく、しっかりと健康状態を告知しないと万が一の時に告知義務違反として保険の支払が行われません。

その為、損をしてしまう事になるので必ず正しい健康状態の告知が大切になります。

が、多くの金融機関の場合、告知に関して加入できないと、多くの場合が、住宅購入が出来なくなってしまうことがあります。

しかし、金融機関によっては、条件つきで、住宅購入が出来る事があったり、または、告知内容も違ったりするのでこれも十分に確認をし、住宅購入を行う事が大切です。

生命保険と同じく、団体信用生命保険も同じく、病気の無いうちに加入する事が大切になる保険なんです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ