生命保険 解約

生命保険に加入しても、何らかの理由で解約する事があるかもしれません。 生命保険の解約には、必ず確認しなくてはならない点がいくつかありますが、中にはその確認を行ってくれない保険販売員もいるので注意が必要です。

必要な確認とは、保険を解約すると今まで契約していた保険が無くなるので、その後、事故などがあっても保険金や給付金は支払われません。

その為、保険商品の切り替えや乗換えの時には、次の契約が契約できてから、保険の解約手続きを行う必要があります。

また、保険商品によっては、積み立ての保険で、残り数年で満額まで積み立てができるのに、途中で解約する事で損をしてしまう事があります。

損をしないために、自分の加入している保険の内容と払込期間、保険支給開始年齢、保険の支払条件など様々な事を確認する必要があります。

一生のうちでかなり高い金額の買い物の一つである保険の内容をしっかり把握する事で家族の安心を買うことができるのです。

保険の見直し

保険は加入してしまえばそれで終わりと言う事はほとんどありません。

日本の生命保険会社が販売している保険商品のほとんどがおおよそ10年ごとに更新や見直しが必要な商品が多く、また見直しの必要のない商品でも新しい商品が出るごとに保険を切り替える方も多くいます。

特に5年や10年の定期保険の場合には、その後更新後の保険料も十分に理解しておく必要があるので、保険加入時には慎重になる必要があると思います。

しかし、医療保険の様に、その時代の病気や医療の方法などにより、保険の内容が新しいものに変わる事の多い商品の場合には定期的に加入者のニーズに合わせて保険を見直す必要があります。

最近、多くのCMでも報道されていますが、様々な保険会社から自分に一番あった保険内容を提案してくれる保険の見直しをお手伝いしてくれる店舗に相談するのも一つです。

また、昔から信頼している保険会社の外交員にしっかりと、その時の家計の状況や家族の状況などをしっかり伝え、必要な保障内容を提案してもらう事も良いでしょう。

しかし、分からないからと、金庫の中に証券を眠らせておくだけでは、とても損な事が多いのです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ