日本国債の金利

日本国債っとは、日本国政府が発行する公債の事です。 日本政府が必要に応じて発行する事の出来る債券で、最近では、東日本大地震の復興債券が発売され多くの方が購入していました。

日本国債の特徴っとしては、様々な金融商品の中でも、最もリスクが低いので多くの日本人や企業などが購入しています。

更に、銀行に預けておくよりも金利が高く、数万円程度からの購入が可能なのもメリットです。

そして、手数料もかからず、海外のお金などを購入するよりも敷居が低いので高齢者でも安心して購入する人が多いです。

日本国債の金利はお金を預けている期間によって変わってきますが、1年目でも0.103、10年預けていると0.863と高金利な事が分かります。(2012年6月6日現在)

毎日この金利は多少の上限をするものなので、確認をして下さい。

長期にわたって、使わないお金がある方には、とっても簡単で、安心な金融商品になっています。

日本国債 種類

日本国債には大きく分けて二つの種類があり、一つが、「利付国債」もう一つが「個人向け国債」っとなっています。

「利付国債」っとは、国債購入時に決めたある期間まで国債を保有する商品で、満期まで持っていると元のお金(元本)が戻ってくるものになります。

満期までの間は、半年ごとに購入時に決まっている利息分の支払があり、この金利は、満期まで変わりません。

満期までの期間は、2年、5年、10年、20年っとあり、自分で好きな期間を決める事ができます。

その為、2年よりも10年のほうが利息が高くなっているのが特徴です。

しかし、万が一、満期までの間に途中解約する事になると、元本が割れてしまう可能性があるので、この利付国債の購入には、満期まで使う事の無いお金で購入する事が良いです。

「個人向け国債」っとは、個人だけが購入する事ができる国債で、会社などでの購入はできません。

個人向け国債の特徴っとしては、途中解約しても元本わ割れることが無いのが大きな特徴になります。

個人向け国債にもいくつかの種類があり、「変動10年」満期が10年で個人向け国債では最長の期間になります。

変動タイプなので、半年ごとに金利が変動するもので、購入から1年経過していればいつでも解約する事ができます。

しかし、解約をするときには、過去1年分の金利が引かれる事になります。

「固定5年」満期が5年で、金利も購入時に決められた金利が5年間続きます。

購入してから2年目以降はいつでも解約する事ができますが、解約時に過去2年分の金利が引かれます。

「固定3年」満期が3年で、金利も購入時に決められた金利が3年間続きます。

購入してからいつでも解約する事ができますが、購入後1年未満で解約すると利息の全てが引かれ、1年後からは、過去1年分の利息が引かれることになります。

このような種類に分かれている日本国債ですが、特に個人向け国債は、いつでも解約する事ができるので人気があります。

そして、購入する場所も、証券会社や郵便局、銀行などで購入する事ができるので、この手軽さも人気の秘訣です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ