難病の種類と特徴

難病とは、発症例が少なく、治療方法(完治方法)原因などが分かっていないもののうち厚生労働省で認定されたものを難病っと言います。

稀に、厚生労働省に申請中の難病がありますので、病名は多種多様にわたります。

難病の特徴としては、根本的な治療がなく慢性的な経過をたどることが多いっと言う事です。

中でも、きちんとした対処療法を行えば、日常生活に支障がでないものもあり、「難病」っと一言で言っても生命に関わるほどのものでない場合もあります。

ではなぜ、この様な生命に関わるわけではない病気も難病に指定されているかと言うと、慢性的な症状に対処する為、月に何度も病院に来院する必要がある病気があります。

この様な場合、難病を発症してしまった患者さんだけではなく、サポートする家族などにも多くの治療費用や入院費用などがかかる事があります。

この金額が、高額になる事も多くある為、医療費負担軽減の為に各都道府県で、特定疾病治療研究事業っと言うものが行われています。

この各都道府県で行われている事業では、厚生労働省の認定を受けた難病のリストから特定の病気を選び、医療費補助を行ってくれます。

また、病院では、難病っとは呼ばずに、「特定疾患」っと呼ばれることもあります。

厚生労働省で認定されている難病は、現在130疾患もの病気が登録されています。

そのうちから医療助成の受けられるものをいくつかご紹介します。

□血管系疾患
再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、原発性免疫不全症候群

□免疫系疾患
大動脈炎症候群、結節性動脈周囲炎、ウェゲナー肉芽腫症、悪性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、皮膚筋炎、ベーチェット病

□代謝系疾患
家族性高コレステロール血症、アミロイドーシス

□神経、筋疾患
プリオン病、亜急性硬化性全脳症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、多系統萎縮症、副腎白質ジストロフィー、多発性硬化症、重症筋無力症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、ハンチントン病、モヤモヤ病、ライソゾーン病、ミトコンドリア病

□視覚系疾患
網膜色素変性症

□循環器系疾患
肥大型心筋症、特発性拡張型心筋症、拘束型心筋症、ミトコンドリア病、ライソゾーン病、

□呼吸器系疾患
特発性間質性肺炎、サルコイドーシス、リンパ脈管筋腫症、肺動脈性高血圧症、慢性血栓寒栓性肺高血圧症

□消化器系疾患
潰瘍性大腸炎、クローン病、原発性胆汁性肝硬変、難治性の肝炎のうちの劇症型炎、バット・キアリ症候群、重症胞線維症

□皮膚、結合組織疾患
表皮水泡症、膿疱性乾癬、天疱瘡、強皮症、重症多形滲出性紅斑、混合性結合組織病、神経線維腫病Ⅱ型、レックリングハウゼン病、

□骨、関節系疾患
後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、特発性大腿骨頭壊死症、広範脊柱管狭窄症

□スモン
スモン

病院で難病っと言われたら…

上記の様に多くの病名が、難病に認定されています。

万が一、病院で難病っと診断されたら、まず、医師に、患っている難病は、医療費補助が受けられるかどうか聞きましょう。

親切な病院では、医師や看護師、受付の方などが教えてくれるはずです。

そして、医療費補助の対象であった場合には、申請時に必要な書類を集める必要があります。

潰瘍性大腸炎などの場合には、大腸検査の結果や写真、医師の診断書などが必要になります。

他の病気の場合にも、医師の診断書などを申請書っと一緒に様々な書類が必要ななるのでその確認も病院でほとんど出来ます。

更に、前年または直近の所得税額が分かる書類が必要になりますので、前年申告をした市区町村役場などに来所してもらうか、郵送で取り寄せる必要があります。

また、健康保健書のコピーも提出します。

保健所によってはコピー機を置いてあるところもあるようですが、無かった時の為に1通コピーを準備しましょう。

必要な書類が集まったら、次は申請をしに行きます。

申請場所は、住所地を管轄する保健所に申請しに行きます。

申請の際のには、保健所に置いてある、「特定疾患医療受給者票交付申請書」「診断書の研究利用についての同意書」を記入します。

特に問題が無ければその日に書類は全て保健所に提出し、その後数週間程度で特定疾患医療受給者票が交付されます。

この交付された書類は、病院にかかるたびに必要になる事があるので、無くさないように注意してください。

分からない事や不安な事は、お住まいの住所地を管轄する保健所などに連絡すると分からない事などを教えてくれるので利用する事をオススメします。

難病患者でも保険は入れるの?

難病認定されてしまった時、始めて、医療保険や死亡保険の大切さが分かる人も少なくありません。

また、難病の中には、子供のうちに発症してしまう病気もあり、時期によっては生命保険や医療保険に加入できないのでは?っと不安になってしまう場合があるでしょう。

昔は、相互扶助の観点から加入できないか、一部加入ができても、割高な保険料が必要な場合が多くありました。

しかし、最近では、保険会社でも様々な工夫と商品開発の結果、難病を持っていても、少しの審査をクリアできれば、保険に加入する事ができる様になってきました。

まだ、その様な内容の保険を取り扱っている保険会社は多くなく、やはり健康な方と比べると少し割高な保険料の支払が必要にはなりますが、それでも昔よりは安く加入する事ができるようになってきています。

その保険内容の特徴としては、短期間の保障期間で、小額の保障を販売している「小額短期保険会社」っと言う会社が出てきています。

2012年2月現在では、「アイアル小額短期保険」「プレミア小額短期保険」「エクセルエイド小額短期保険」「アクサ生命」「アリコ」などの保険会社が取り扱っている様です。

会社によって審査内容や保障内容も変わってくるので、色々な会社の内容を確認し、一番合っている保障を見つけ出す必要があります。

また、難病を持っていると、なかなか家から出られないなどの場合には、様々な保険会社の中立的にアドバイスをしてくれる「保険見直し本舗」っと言う会社を仲介する方法もオススメです。

「保険見直し本舗」では、自宅などへ出張してくれるサービスもありますので安心して相談できると思います。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ