保険の選び方 終身保険

終身保険っとは、その名の通り、被保険者(保険に加入している人)が亡くなった場合に支払われる保険の事です。

終身保険の加入後、支払いが滞らない、解約しない限り、被保険者が何歳になっても一生保障してくれます。

終身返戻金とは、保険会社が、保険料の支払い額の一部を運用し、その運用した一定の利率を保険支払い準備金っとして、貯めてくれます。

この一定の利率は、保険加入時に指定されたもので変わらないものと変動する物、2つの種類があるので、加入時には、確認が必要です。

この解約返戻金の一定の金額(解約返戻金の9割まで)を使って、年金っとして使ったり、一括で借り入れる事ができます。

この借り入れたお金は、保険会社に変換する必要は無く、保険金の中から相殺してくれます。

また、保険料の支払いが難しい月などは、この解約返戻金を使って支払いを行う事もできるので、とっても需要の高い保険商品です。

しかし、終身保険は、他の定期保険や10年更新型保険っと違って、多少保険料が高いのが難点で、高額な終身保険に加入するのは難しい家庭も多いのが現実です。

この様に、メリットとデメリットがある終身保険ですが、最近では、「リビングニーズ特約」っと言う、余命宣告を受けてしまった場合、一定の期間であれば、保険金を生前に受け取ることもでき、必ずしも被保険者が亡くなってから受け取る保険ではないのでお勧めの保険商品になっています。

注意が必要な終身保険

一口に終身保険っと言っても、保険会社によって、多くの商品があり、終身保険っとうたっておきながら、10年更新型の保険であったりする場合があります。

10年更新型の終身保険は、加入時はかなり安い保険料で加入できますが、更新のたびに保険料が高くなってしまう為、毎回、保険金額減らしていく家庭が多くいます。

若いうちから終身保険に加入していれば、生涯保険金額が変わる事は無く、保険料支払い期間も一定の期間を定める事ができます。

ここで、特に注意が必要なのが、10年更新型保険でも、更新できる年齢が定まっている保険があります。

一定の年令に達すると、保険の更新が出来なくなってしまう商品では、一定の年令に達すると、無保険になってしまう場合があるので、加入時には必ず確認が必要です。

通常、終身保険、更新型保険、医療保険など組み合わせて保険加入する事がほとんどですが、全ての商品の将来性を十分に確認し、将来のビジョンなどと照らし合わせて加入する事をお勧めします。

外貨建て終身保険

外貨…っと聞いて身構えてしまう方も多くいるでしょう。

最近では、日本の生命保険会社以外にも外資の生命保険会社の参入も多く、外貨建てっと言う言葉を耳にした事ある方も多いっと思います。

この外貨建て終身保険の特徴は、終身保険を外貨(ドルなど)で支払い、保険金の給付、支払いをしてもらう保険です。

また、この保険の最大の特徴は「運用利率が高い」っと言う事です。

つまり、解約返戻金の増え幅も大きく、保険料も円建てよりもかなり安く加入する事ができます。

一度、外貨建ての終身保険っと、円建ての終身保険を見比べてみて下さい。

しかし、デメリットなのが、外貨建てなので、毎月の保険料が一定ではないっと言う事ですが、これは各保険会社から毎月、支払いが必要な保険料の通知が届く様になっています。

他にも、保険金受取時には、ドルで支払われる為、支払いをしてもらう日の為替相場などを確認する必要があります。

しかし、これも、保険会社から、相場を知らせてくれたりする販売員もいるので、事前に良く、説明を受け、加入する事をお勧めします。

現在、外貨建て終身保険は、外資系保険会社のみで販売されている為、多少の抵抗がある方もいるでしょうが、プルデンシャルやジブラルタなど、10年以上日本で保険販売を行っている保険会社もあるので安心して保険の相談をする事ができると思います。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ