個人年金とは

個人年金とは、その名の通り個人でかけるタイプの年金で、老後、公的年金だけでは不安な方が若いうちから老後の為に備える年金です。

個人年金の仕組みは一定期間保険料を支払い、事前に決めていた年齢になった時に毎年または毎月年金を受け取る仕組みになっています。

個人年金は、民間の生命保険会社や郵便局、損害保険会社、証券会社、全労災、JA(農協)などで加入する事ができますが個人年金には大きく分けて2つのタイプがあります。

一般的に個人保険加入時に受け取れる年金額が決まっている「定額型」と、保険会社の運用実績によって受け取れる年金額が変動する「変額型」があります。

また、一定の条件を満たすと一般の保険料とは別に個人年金保険料控除っを受ける事ができる為、中には、税金対策で個人年金に加入している人もいます。

個人年金の種類

個人年金には多くの種類がありますが、一般的に販売されている商品の一部をご紹介します。

□終身年金
年金の受取人が亡くなるまで年金受取時から一生年金の受取ができる個人年金です。

□保障期間付終身年金
年金の受取人が生きている間年金の受取ができるとともに、ある一定時期までは亡くなっても年金の支払いがあります。

□有期年金
生きている間、一定時期まで年金の支払いがあります。

□確定年金
一定期間の間、年金の受取人の生死に関係なく年金の受取ができます。

□保証期間付有期年金
一定の保障期間中には受取人の生死に関係なく年金が受け取れて、生存している限り一定期間中は年金の支払いがうけられます。

また、商品によっては海外のお金で支払い、受取ができる外貨建ての年金もあり、自分好みの年金商品がきっとみつかるはずです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ