米軍とは

米軍とは、アメリカ軍の別名で、アメリカ合衆国が保有する軍隊の総称です。

日本で活躍している在日米軍は、別名在日アメリカ軍・アメリカ合衆国軍の総称です。

日本とアメリカは、両国及び国際社会の平和と安全の維持の為に、「日米安全保障条約」を結んでいて、日本では、この条約に基づき、米軍の施設や区域を提供しています。

米軍基地は、都内では昭和27年当時208箇所ありましたが、都や区市町村、地元の方々の働きがけにより、整理や縮小、変換され、現在では8箇所になっています。

日本では、沖縄が駐屯地として使用されていることが有名ですが、最近でも米軍基地関係者と、日本国民との問題が様々存在しています。

その沖縄には、平成17年度末時点で、37施設が存在しています。

米軍 求人

日本に存在している米軍は、けっして問題ばかりあるわけではなく、日本人の求人も広く募集をしていて、米軍のある地元では大きな経済効果になっています。

米軍の求人情報などで多くある質問で、「英語が堪能でなければはたらけないの?」っと言う質問を多く目にしますが、職種により求められる英語能力が違ってくる様なので、中には、多少の英語ができれば、就職できる職種もあります。

米軍の求人の内訳は、会計事務職・重車両運転手・フォークリフト運転手・警備員・エンジニアリング・消防士・船長・機関長・販売員・コック・ウェーター・ウエートレスなど、職種は様々です。

そして、正社員以外にもアルバイトやパートなど様々です。

また、資格は、アメリカ合衆国軍隊の構成員・軍に関係する人、またその家族以外なら国籍を問わず募集しています。

求人情報は、地元のハローワークなどでも公開されているものもありますが、インターネット上でも「駐留軍等労働者の募集情報」などで確認することができる為か、応募人数は多く、決して、広き門ではありません。>

働きたい場所を見つけ、職種も決まったら、次は、手続きです。

まず、全国求人情報・ハローワークやホームページなどから募集の有無を確認後、希望する職種の募集があった場合は、履歴書を添えて申し込みし、面接試験・雇用前健康診断を受けてから採用の判定が通知されます。

米軍基地によって様々ですが、ハローワークや様々なホームページからの募集の他、キャンプ座間・横須賀海軍施設・厚木海軍飛行場などでは、米軍のホームページからも求人情報が確認できます。

上記で紹介した米軍基地 求人情報は、下記のホームページが便利なようですのでご紹介させていただきます。

「独立行政法人 駐留軍等労働者労務管理機構」
http://www.lmo.go.jp/ 「米軍基地.com」
http://www.beigunkichi.com/

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ