ゆうちょ銀行 送金手数料

郵貯銀行とは、株式会社ゆうちょ銀行・愛称は、「JPゆうちょ銀行」っと呼ばれています。

ゆうちょ銀行は本店を東京都千代田区霞ヶ関におく日本の銀行で、2007年に日本郵政公社から郵便貯金事業などを引き継ぎ、現在に至ります。

郵貯銀行は、株式会社設立当時(2008年)日本で最大の預金金融機関で、総資産は当時約226兆円でした。

郵貯のatmは、全国に6万台あり、ATMでの利用料が預入・引出・時間帯に関係なく無料なことから多くの預貯金者がいます。

郵貯の通常貯金は、発行料や維持費はかからず、基本的には入金無しでも通帳を開設する事ができます。

ゆうちょ銀行での送金には、銀行振り込みの他、現金書留、郵便為替などの手段で送金する事ができます。

郵便為替による送金方法は、Post Checkという言い方をすることもあります。

また、海外への送金は、外国為替で送る事ができ、手軽で手数料も割安です。

他、銀行の場合、相互の銀行口座の指定が必要ですが、郵貯での郵便為替の使用には、銀行口座は不要です。

送金手数料は、以下の通りです。
通常払込 窓口 3万円未満の場合は、120円〈110円〉         3万円以上の場合h、330円〈320円〉      ATM3万円未満の場合は、80円 〈70円〉         3万円以上の場合は、290円〈280円〉 電信払込    3万円未満の場合は、525円         3万円以上の場合は、735円 Post Check   3万円未満の場合は、60円         3万円以上の場合は、270円 払込専用カードによる払い込み      窓口 3万円未満の場合は、210円         3万円以上の場合は、420円      ATM3万円未満の場合は、120円         3万円以上の場合は、330円 自動払込 公共料金等 [磁気媒体等]1件10円 [帳票]1件30円    公共料金等以外 [磁気媒体等]1件25円 [帳票]1件50円 送金手数料については、郵貯銀行ホームページやゆうちょ各店舗でも確認する事ができます。また、振込み日によっては、当日送金ができない日もある為、確認が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ