ゆうちょ銀行とは

郵貯銀行とは、株式会社ゆうちょ銀行・愛称は、「JPゆうちょ銀行」っと呼ばれています。

ゆうちょ銀行は本店を東京都千代田区霞ヶ関におく日本の銀行で、2007年に日本郵政公社から郵便貯金事業などを引き継ぎ、現在に至ります。

郵貯銀行は、株式会社設立当時(2008年)日本で最大の預金金融機関で、総資産は当時約226兆円でした。

郵貯のatmは、全国に6万台あり、ATMでの利用料が預入・引出・時間帯に関係なく無料なことから多くの預貯金者がいます。

郵貯の通常貯金は、発行料や維持費はかからず、基本的には入金無しでも通帳を開設する事ができます。

郵政民営化により、一時、1人何冊でも通帳を作る事ができたが、最近の振り込め詐欺などの対策の為、2012年1月には、原則1人1冊しか通帳は作れなくなった。

ゆうちょの特徴としては、1口座に1000万円までしか入金できない事ですが、他に通常貯蓄預金や、定期貯金、貸付などの様々なサービスを行っています。

ゆうちょ 定期預金

ゆうちょの定期性貯金には様々な種類がありますが、特に利用者が多いものをご紹介します。

定額貯金・10年満期の半年複利で固定金利ですが、預入後、半年後~3年までは半年ごとに利率が異なります。

預入金額は、1000円以上からで、口数を1000円・5000円・1万円・5万円・10万円・30万円の8種類から選べます。

特徴的なのが、据え置期間の半年を過ぎればいつでも解約できるのが特徴で、口数単位の分割払い戻しも可能です。

満期後は通常貯金の利率が適用されます。

定期貯金・自動積立定期預金

1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年・3年・4年・5年も期間で予め預入期間を指定します。

基本的に利率は預入期間が長い物ほど高くなりますが、低金利の場合は、特に短い期間とでは差が無い場合もあります。

しかし、1年未満は単利で、3年以上は、半年複利で利率分がつきます。

自動積立定期預金
普通預金から毎月一定額を引き落とし、自動で定期預金に積み立てる貯金で、6年までの期間を自由に指定します。ボーナスなどが出る月だけ、特別月っと指定できます。

通常貯金1口座あたり、自動積立定期預金と合わせて5件まで設定できます。

他に、担保定期貯金・満期一括受取型定期貯金・ニュー福祉定期貯金・財産形成定額貯金などの定期性貯金があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ