保険とは

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対して、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度です。

様々な事故や災害から生命や財産などを守る為のもっとも合理的な防衛策の一つです。

保険には様々な種類があります。まず、公営保険では、社会保険(国民健康保険・国民年金・厚生保険など)産業保険(農業保険・漁業保険・輸出保険など)そして、民営保険で、民間の生命保険会社・損害保険会社が販売している保険商品の事を指します。

その中でも、第1~第3まで分野が分かれています。

第1分野生命保険(定期保険・終身保険・養老保険・個人年金保険)
第2分野損害保険(自動車保険・火災保険・賠償責任保険など)
第3分野生損保 (医療保険・がん保険・介護保険・障害保険など)

と、様々な種類の保険があり、その保険の種類によって保険料・加入条件・などがあります。

通常生命保険会社が販売している、定期保険(一定の期間を保障する保険の為、保険料が安く、保険金額が高く設定する事ができます。)終身保険(一生涯の保険の為、子供の内に加入しておけば、保険期間は少なく保険料も安くなりますが、高齢で加入すると、保険料は高く、保険金額が安く設定されます。)

また、持病をお持ちの方は、謝絶や、特別保険料を納めて頂くという処置を行う保険会社が多いですが、一部の簡易保険会社では、持病をお持ちでも、加入できる保険商品の開発を行っています。

保険金とは

生命保険会社での保険金とは、保険事故が生じた時に保険会社から、保険金受取人に支払われる金銭の事です。

保険金の中には、満期・死亡・災害・高度障害・などの内訳があります。

通常、保険金と、保険金額は、同じ意味ですが、終身保険の場合は、加入時に定時された金額が支払われますが、収入保険や、定期保険の場合は、加入時からの歳月に応じて、少なくなっている事が一般的です。保険事故が生じた時には、確認が必要です。

損害保険の場合の保険金は、保険事故が発生して損害が生じた場合に、そのてん補金として保険会社から、被保険者に支払われる金銭の事です。

支払われる保険金額は、損害の割合や程度によって変わってきますので、保険証書に記入してある金額が支払われるものではありません。

また、生損保とも、保険金不払いなどの事例もあり、正当な理由なく支払いが無い事を『保険金不払い』と言われます。

過去には、殆どの保険会社が、保険金不払いを行っていて、金融庁からの指導や、業務改善命令などから、最近では、生命保険損保保険会社では、不払いが無い様に勤めている様です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ