保険金請求について

保険に加入していて、保険事故が起きた場合に、保険金請求手続きを行います。

手続きに必要なものは、請求する保険種類によって様々ですが、通常の場合は、生命保険加入時の担当者の方に連絡を行うか、加入している生命保険会社の保険金支給窓口へ電話などをすれば、必要書類などを教えてくれます。

しかし、中いは、秘儀『担当者返し』と言う、技を使って、お客様がたらい回しになってしまうケースもあります。

通常の場合、医療保険の場合は、医師の診断書、手術などを受けた場合はどの様な術式だったか、すでに退院している場合は、病院の領収書が必要です。

更に、保険会社によっては、自社の資料を使っての診断書などが必要な場合もある為、入院後確認が必要です。

死亡保険の場合は、生命保険請求書、住民票、保険金受取人の戸籍謄本、受取人の印鑑証明、医師の死亡診断書・死体検案書が必要です。

死亡保険の場合も、保険種類によって、必要書類が違かったり、保険会社によっては記入する書類が多くある場合や、保険金の受取方が選べる商品もあるのでこちらも確認が必要です。

死亡保険金の受取り方は、全額を一括で受取る場合と、一時金として一部を受取り、残りを年金方式で、又は、保険会社に据置く場合など、様々な受け取り方がありますが、税金なども関わってくるので、担当者との相談が必ず必要です。

死亡保険金などを支払わないケース

一般に生命保険会社は以下の様なケースの場合、保険金を支払わないケースがあります。

・被保険者が契約から、2年以内に自殺したとき(保険会社により期間は異なる)
・死亡保険金受取人が、故意に被保険者を死亡させた場合
・戦争や、その他変乱で被保険者が死亡した場合
・被保険者が、犯罪行為又は、死刑執行により死亡したとき
などの場合は、保険金が支払われない事があります。

また、医療保険などでも支払われないケースがあります。

全て、約款や、定款に記載されている為、担当者の方に確認するか、契約時に渡された、約款・定款の確認を行って下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ