FX用語について

これから、FXを始めようって思っている方の為に、FX初心者であれば、なかなか覚えにくいFX用語を重要なものだけ調べてみました。

FX初心者の方は、まずこちらを確認いてみて下さい。

FX用語は、基本的には、FXの取引を行っていれば、だんだんと覚えられます。

しかし、FX取引では、用語は、とっても大切なものです。

まず、取引の仕方にも名前がついています。

スワップっという言葉は、FX初心者や、本業が忙しい人向きの取引方法です。

買いオンリーで、買った後は基本的にはほったらかしでOKなんです。

スワップの対象語は、スキャルピング!

スキャルピングは、少ない為替差益を狙って取引を行う方法です。

短い時は、数秒、長くっても数分で、取引が終わる場合もあります。

また、取引を1日ほどのスタイルで行う場合の事を、デイトレードと言います。

1日で、決済が基本なので、取引内容心配で…なんて方にお勧めの方法です。

そして、デイトレードよりも、長い取引の場合は、スイングトレードという取引方法もあります。

4種類の基本的な取引方法をご紹介しましたが、それぞれの取引の仕方によっては、FX業者によって適している取引方法も違うんです…

まずは、自分の性格を読み解き、どの様な取引方法が、1番良いか診断をしてくれる業者もありますので、確認してみて下さい。

その他に、スワップ取引では、スワップ金利が高い会社や、全額信託保全といい、FX業者が、破綻してしまった場合も、信託銀行が、口座に入金してあったお金を全額守ってくれるものを取り入れている業者がお勧めです。

そして、FX取引では、外国通貨から、円に交換する時などに取引手数料というものが取られる業者と、口座開設後数ヶ月は、無料など、手数料でも様々な業者があります。

今回は、取引の方法などの用語をご案内しましたが、今後も様々な用語をご案内していきます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ