潰瘍性大腸炎でも入れる保険

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは、大腸の粘膜にびらんや潰瘍が出来る原因不明の難病です。

厚生労働省からも、特定疾患にしていされているため、一定の条件を満たす、証明書と、他資料を保健所に提出すれば、難病認定されます。

この様に、潰瘍性大腸炎は、難病にしていされていますが、なぜ難病なのかと言うと、治療法、発病理由などが未だ分かっていない為、難病に指定されています、通常難病にかかってしまった方には、通常の医療保険などの加入は出来ないのが、基本です。

更に、厳しい基準を設けている保険会社では、通常の終身保険、定額保険への加入も出来ない事があります。

しかし、この様な病気になって初めて保険の重要性を知る人も多くいるでしょう。

今回は、この様な難病にかかっている方でも入れる保険を探して見ることにしました。

今では、CMなどで多くの人に知られているアフラック!

アフラックでは、持病を持っていても一定の条件をクリアすれば加入できる入院保険、生命保険があります。

三井生命では、日本炎性長疾患協会と協働して一般加入者と変わらない審査が出来ます。

という風に、他にも加入できる保険会社は以外に沢山ありました。

しかし、入院・手術から何年か経過していないと入れない場合もあるので保険会社のライフプランナー(保険販売員)と相談する事が大切ですね。

そして、保険加入の際には、どこの生命保険会社でも、告知と言って保険加入者の健康状態を記入する用紙があります。

保険に入りたいが為に、嘘を書いてしまうと、それまで支払った保険料が帰って来ない事や、保険契約の消滅もありえます。

絶対に嘘を書かずに、契約に進んで下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ