血管性紫斑病でも入れる学資保険

血管性紫斑病とは、子供に多い病気で、厚生労働省から特定難病に指定されている。

血管性紫斑病は、未だ、治療方法も発症理由も分かっていない為に、難病指定されているが、発症時に出た様々な諸症状は緩和できる様病院で治療してくれる。

この様に、難病指定されている病気という事で、通常の保険会社では、学資保険でも断られる例もあります。

しかし、今、販売されている保険商品の中で、病気でも入れる保険という物があります。

残念な事にその販売されている商品の中に学資保険はありません。

しかし、発症年数や、症状によっては通常の保険加入の様に加入できる場合があります。

学資保険、通常の終身保険、医療保険とも現在のお子様の症状によって加入できる保険種類が違ってくるので確認が必要です。

保険会社の販売員(ライフプランアドバイザー)などに相談すれば、必ず相談に乗ってくれるはずです。

そして、契約時には、告知といって病歴などを記入する用紙があります。

この用紙に嘘の告知を書いてしまうと、今まで払った保険料が返って来ない事や、保険契約を解除される場合もありますので、絶対に嘘は書かない様にして下さい。

血管性紫斑病で苦しんでいる子供のお母さん達へ

血管性紫斑病と言う病気は別名アレルギー性血管性紫斑病などと呼ばれる事があります。

この病気の特徴は、手、足に大きな発疹が出来る事。

そしてその発疹は、強い痒みを伴う事もありとても辛い闘病生活を送る子供もいます。更に、関節痛、腹痛、吐き気などもうったえる患者もいて本当に大変な病気だと思います。

そして、その大変さは、退院後も続きます。

治療の一環として、食事制限がある場合があります。

主に、しょっぱい物、辛い物など、刺激物の摂取を控える様に病院からアドバイスされるでしょう。

学校に通っている場合は、カレーなども禁止される場合もあります。

しかし、この病気は、大人になるにつれて完治に向かうという事です。

難病の為、悩む事や辛い事もあるでしょうが、子供の内に発症した殆どのお子様は、大人になると、誰とも変わらない生活を送れる様になるので、悩まずに完治に向けて頑張って下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ