潮干狩り 千葉県

4月から6月くらいの間、海などの海岸で行うことのできる潮干狩り。

千葉県にも多くの潮干狩り場があります。

ここでは、潮干狩りが楽しめる千葉県の海岸をご紹介します。

まず、トイレと着替えができる『牛込海岸』千葉県木更津市牛込1434-3にあり、8月まで潮干狩りが楽しめます。

他にも、『久津間海岸潮干狩り場』千葉県木更津市久津間2265-3にあり、休憩所もあります。

トイレ・更衣室・休憩所の他に、ロッカーの設備がる『富津市』千葉県富津市富津海岸、

『金田海岸潮干狩場』千葉県木更津市北浜町1、『江川海岸潮干狩場』千葉県木更津市江川576-6、

他にもシャワーの設備も備えた、『木更津海岸』千葉県木更津市中の島

また、千葉県の潮干狩り場で最も人気のある『ふなばし三番瀬海浜公園』千葉県船橋市潮見町40などになります。

潮干狩り 道具

潮干狩りを行うにあたって事前に準備を行っておくっと便利な物があります。

潮干狩りは、海岸などで砂の中にいる貝を採るものなので、砂の中から貝を見つける『熊手』は必要でしょう。

熊手にも様々な種類があり、忍者熊手と呼ばれる熊手の先に網がついていて、貝を見逃さないような形状のものや、

しゃがんで行う潮干狩りを立って行えるように持ちての部分が長くなっているもの、

大量に貝を採れる道具などもありますが、潮干狩り場によっては、通常の熊手か素手以外での貝の採取が禁止されているところもあるので行く潮干狩り場に問い合わせどんな熊手が使えるのか確認をしておきましょう。

また、手の汚れや、爪の中に砂が入るのが嫌な人は、軍手やゴム手袋、また、ケガをしてしまった時のために、防水用の絆創膏なども必要でしょう。

採った貝を洗ったり、持ちかえる、持ち歩くのに、バケツも必要になります。

潮干狩り場によっては、バケツ以外の持ち込みが禁止されている場合もあるので、獲った貝を入れておける網を持参する場合には事前の確認が必要です。

さらに、地域ごとの潮見表もあり、これがあると、事前に計画を立て潮干狩りを行う最適な時間を知ることができます。

潮干狩り場によっては、サイトなどに掲載されている場合があるので、確認しときましょう。

獲った貝を自宅までもって帰るのに便利なのは、発砲スチロールや、クーラーボックスなども役に立ちます。

また、女性の方や紫外線に弱い方は、帽子、日焼け止め、長そで、サングラスなども準備も怠らないようにしましょう。

子供さんが一緒の場合には、海でびしょ濡れになってしまうこともあるので、着替えなども持参すると便利です。

さらに、潮干狩りの行える時間まで待つために、テントや、ビニールシート、簡易的な椅子なども役に立ちます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ