牛タン 仙台

牛タンは、牛の舌で食用として、焼き肉やステーキ、シチューなどで食べられています。

英語では、『tongue』と読みます。

舌は、筋肉のかたまりで脂肪は少ないのが特徴で、タンパク質を多く含んでいます。

牛タンと言うと、仙台と言う人は多くいます。

仙台では、他の地域のように仙台牛などの牛のお肉が有名なわけでもないのに、牛タンが有名になりました。

仙台で牛タンが有名になった理由にはいくつか諸説ありますが、時期的には、第二次世界大戦終結後と言われています。

大戦の終戦後、GHQの進駐の際に、洋食を食べるGHQメンバーが残した牛のタンの部分を美味しく食べようと考えた『太助』初代店主佐野啓四郎が発案したとも言われたり、

同じく、『太助』初代店主・佐野啓四郎が洋食の牛タン料理にはまり、『牛タン焼き』を作ったなどの話があります。

どちらにしても、戦後、食糧難であえぐ日本人のためにと考え出された料理で、現在では牛タンというと仙台と連想されるほど有名になっています。

牛タン 通販

牛タンは、昔は、仙台のお店まで食べに行かなければ食べれない食材でしたが、現在では、インターンネットを使って簡単にお取り寄せをすることができます。

お取り寄せの牛タンの種類も、牛タン焼きから、シチュー、焼き肉用牛タンなど様々な食べ方の牛タンのお取り寄せができます。

また、近年では、様々な複合施設にも牛タン専門店などが入り、簡単に出かけた先で牛タンに舌鼓を打つことができます。

特に、有名なのは、埼玉県越谷市にあるレイクタウン内の牛タンのお店では、毎日、多くのお客さんが列をなしています。

また、秋葉原には、牛タンのアンテナショップが開店し、仙台や宮城県の特産物などを購入することができます。

また、アンテナショップの奥には、『伊達の牛タン本舗』があり、秋葉原で、仙台で食べる牛タンの味を堪能することができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ