札幌雪祭り 歴史

札幌雪祭りは、北海道札幌市内の大通公園など複数の箇所で会場が設置され毎年2月上旬ごろに開催されます。

雪と氷の祭典で、大きなものから小さな像などの他にも、すすきの会場では、氷彫刻も展示されるようです。

札幌雪祭りは、1950年に札幌観光協会と札幌市の主催によって開催されました。

もともと、札幌市民の雪捨て場となっていた大通公園で、中学生や高校生が数点作ったのが始まりですが、4年後には、市民の作る雪の像も飾られるようになりました。

その翌年、1955年には陸上自衛隊や商社、市などが加わって現在の多くの像が飾られる形になりました。

さらに、1974年には、国際親善を目的として海外都市の国際雪像の設置も始まりました。

この年の参加国は、カナダやアメリカ、フランス、南ベトナム、大韓民国の国が参加しました。

札幌雪祭り 情報

札幌雪祭りの情報は最近では、ニュースなどで大々的に取り上げられています。

日本全国や海外からも観光客が訪れ開催期間中には200万人もの人々が訪れる北海道で最大規模のイベントの一つになっています。

札幌雪祭りの開催期間は、その年によって違うものの、2015年では、2月5日~2月11日までの1週間弱の期間開催されます。

開催される気温や天気によってもその年の開催期間が変わってしまうので、注意が必要です。

また、開催期間中は、それぞれの会場で、開催時間も異なるため、事前に調べて見に行くことがよいでしょう。

さらに、イルミネーションが行われる会場もあるため、夜見に行く場所などもリサーチが必要です。

雪は、気温や雨で溶けてしまうため天気予報などに常に気を配る必要があります。

また、会場まで車で行く場合には、北海道は多くの積雪があるため、タイヤチェーンなども必要になります。

綺麗な雪や雪の結晶を楽しむだけでなく、雪像を楽しめるイベントになります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ