初詣とは…

初詣とは、年が明けて正月に始めて神社やお寺、寺院に参詣する事を初詣といいます。

昨年の感謝を伝えたり、新年の無病息災などを祈願したりします。

また、初詣ではなく、初参りとも言います。

多くの場合が、お正月から3が日までに参拝する事を初詣と言ったり、1月中に参拝する事を言ったりと、宗派や地域によって、参拝の期間や参拝方法などは違きます。

初詣の際に一緒に厄払いを行う方も多いと思います。

中には、厄払いを行っていない寺院もあったり、予約制である場合もあるので、確認をしておく必要があります。

厄年の方などは、多くの方が、三が日に初詣と厄払いを行う為に、参拝する事がおおいです。

厄年とは、数え年で、男性25歳、42歳、61歳、女性で19歳、33歳、37歳、に厄払いを受ける方が多いです。

詳しくは、参拝する寺院に掲載されている事があるので、しっかりと確認をし、厄払いを受けておきましょう。

東京 初詣

世界各国からも注目されるほど、人気の高い寺院が多くある東京の初詣スポットをご紹介したいと思います。

初詣以外でも、日々のお参りや観光、デートや、女子会などでのパワースポットめぐりなどでもオススメの場所が多くあります。

知っておくと、役に立つ事も多いと思うので、是非、参考にしてください。

□明治神宮 三が日の間の参拝者数は、なんと3年連続1位と言う、日本一人気がある神社です。
最近では、パワースポットとしても、有名で、1年間を通して、多くの参拝者がいます。
最寄り駅は『原宿』『明治神宮前』
TEL:03-3379-5511
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

□浅草寺 浅草の地名をご存知の方の多くが、この『浅草寺』をご存知の方が多いとおもいます。
この浅草寺は、別名、『浅草観音』とも呼ばれ、地元の方だけでなく、観光客からも親しまれています。
それを表すように、年間の参拝者数は3000万人もの人が訪れるといわれています。
参拝前や参拝後には、『仲見世』という商店街で買い物ができ、古くからの伝統芸能を垣間見る事ができるでしょう。
最寄り駅は『浅草』
TEL:03-3842-0181
住所:東京都台東区浅草2-3-1

□柴又帝釈天 映画でおなじみの『男はつらいよ』の舞台にもなり、寅さんも愛した、寺院です。
映画のなかでも、『私は産まれも育ちも葛飾柴又』っと何度も登場する名前で、参拝以外にも映画好きの方が多く来る寺院です。
中でも、帝釈天の目の前の商店街では、実際に『男はつらいよ』で撮影されて団子屋などが今も多く残る、『男はつらいよ』ファンにはたまらない土地です。
最寄り駅は『柴又』
TEL:03-3657-2886
住所:東京都葛飾区柴又7-10-3

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ