日光東照宮とは

日光東照宮は、徳川初代将軍徳川家康を祭る神社で、日本の北関東・栃木県日光市にあります。

日光東照宮は、国指定文化財(国宝・重文)の建造物で、木殿や陽明門、大名の奉納による五重塔や石鳥居など55棟になり(指定数では国宝8、重文34)、1999年(平成11年)には、『日光の社寺』の一部としてユネスコの世界遺産条約に基づき世界遺産に登録された為、多くの観光客が、世界各国からきていて、秋には、紅葉も楽しめ、日本でも有数の観光地です。

東照宮には、徳川家康の他、源頼朝や豊臣秀吉の三公が祭られています。

日光東照宮は、パワースポットとしても人気があります。

日光東照宮 眠りねこ

日光東照宮では、様々な動物の彫刻も見る事ができ、三猿・眠りねこ・雀などの前では多くの観光客がその彫刻を眺めている様子が見れます。

中でも眠りねこは、左甚五郎の作品と言われていて前足を踏ん張っていて、寝ている様に見せて、いつでも飛びかかれるような体制になっている様で、いつも徳川家康の事を守っています。

また、眠りねこの隣の彫刻には、雀が舞っている彫刻もあり、「雀が舞えるほどの平和」を表しているともいわれています。

また、人気がある彫刻で、三匹の猿の彫刻で「見ざる・聞かざる・言わざる」っと言われるこの猿たちは、人間の平和な一生も過ごし方を表したもので、徳川家康の幼少期の教えで、「悪事は見ない・言わない・聞かない」からきているとも言われています。

日光東照宮 観光バス

日光東照宮は、多くの観光客がきている観光地ですが、日光東照宮には多くの社殿があり、ガイドなしではすべてを見て回るのは大変なことです。

ですから、多くの観光業者が、日光の観光スポットを案内してくれるバスツワーなどを行っています。

ツアーでは、観光スポットを教えてくれるほか、ガイドさんが様々な雑談も行ってくれるので日光に関する事がある程度理解する事ができます。

しかし、自由時間をもおけているツアーも多いですが、バスの乗車時間などがあり、ある程度制限がありますが、初めての日光観光の場合にはお勧めです。

個人で行く場合も、広い駐車場が完備されていたり、お土産屋さんで駐車すると、割引券などがもらえるので、格安で車を止め、お土産も安く手に入ります。

また、日光マップもあり、迷わず観光ができるよう様々な工夫がされています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ